日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風流活殺剣
フウリュウカッサツケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年03月07日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

製作は「治郎吉格子」の小倉浩一郎に高木貢一が協力。中沢茎夫の原作から「夏祭り三度笠」の丸根賛太郎が脚色、監督に当たったもの。撮影は「旗本退屈男 江戸城罷り通る」の竹野治夫。出演者は「元禄水滸伝」の月形龍之介、「出世鳶」の高田浩吉、「若人の誓い」の高橋貞二、「落花の舞」の宮城千賀子、「治郎吉格子」の岸恵子などのほか、坊屋三郎、山茶花究、益田喜頓、花菱アチャコなどの喜劇陣の顔ぶれも加わっている。

スタッフ

製作
小倉浩一郎高木貢一
原作
中沢治夫
脚本
丸根賛太郎
監督
丸根賛太郎
撮影
竹野治夫
美術
川村鬼世志
音楽
西梧郎

ストーリー

江戸の街々に夥しい浪人があふれていたとき、扇谷十兵衛と菅新吾の二人は、多数の応募者の中から選抜試合の結果採用されたが、新吾のプロペラ髭を剃るようにといわれたのが気に入らず、二人共士官をやめた。採用の報に大喜びだった十兵衛の妹小雪や矢場の女で彼に気があるおけい、それに貸し売金のとどこおっている米屋、酒屋、魚屋の連中まで、再びがっかりした。しかし新吾が頓死をよそおって、借金取りは撃退、香典や見舞の酒樽で大いにさわいだのはよかったが、新吾の亡父の友人が彼自慢のプロペラ髭を形見といって片方切り取って帰ってしまった。小雪の恋人庄八が母の急病の金を作るため、その頃江戸を荒らしまわっていた強盗団大草履組の誘いに乗って危地にはいり込んで行ったと知った十兵衛は、庄八のために変わり者の質屋蜂左衛門へ人質となるところだったが、すわ大変と質札のついたまま、これも質札のついた槍をかかえた新吾と共に、強盗団の本拠を襲ってこれを壊滅させた。この事が評判になって十兵衛たちのところへは各藩より召しかかえの使者が殺到したが、庄八を推薦して、小雪とめでたく結婚させてやった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。