日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

相惚れトコトン同志
アイホレトコトンドウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年04月18日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「治郎吉格子」の小倉浩一郎の製作で、「とんかつ大将」の川島雄三が鹿島孝二の『平凡』所載の原作から脚色し、監督している。撮影は同じく西川亨である。出演者の主なものは、「紅扇」の高橋貞二、小林トシ子、吉川満子、「本日休診」の岸恵子、「出世鳶」の井川邦子のほかコロムビアの久保幸江が出演している。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
鹿島孝二
脚色
川島雄三
監督
川島雄三
撮影
西川亨
美術
中村公彦
音楽
木下忠司

ストーリー

山の手のある花柳界のまん中にある「寿司清」の夫婦は、戦死した息子の友達都留貞二を二階に下宿させていたが、両親のない貞二を行く行くは自分たちの養子にするつもりで、その嫁さがしに夢中になっていた。貞二は養子の件には異存はなかったが、彼はすでに矢場の娘加代子と愛し合っていた。ところが清造夫婦は加代子の父源造と仲が悪く、隣家の阿波屋の唄好きの娘初江をと心に決めていた。貞二は学校を卒業すると清造夫婦の期待にそむいて民間放送会社に入社した。その貞二に若い芸者雪千代も、放送会社の佐藤藤平の姪トシ子も想いをよせた。加代子は清造夫婦が貞二と初江の縁談を進めていることを知り、その上大島の御神火まつりの現地録音に貞二と雪千代とが一緒に行ったときいて、すっかりしょげてしまうが、やはり大島へ貞二のあとを追って行く。貞二には会えなかったが雪千代の口から彼が加代子のことだけを想っているときいて、東京のさくら祭りの仕事をしている貞二の許へかけつけた。相惚トコトン同志の力にはさすがに清造夫婦も、源吉と仲なおりせずにはいられなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。