日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拳銃地獄
ケンジュウジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月21日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

わが一高時代の犯罪の製作岡田寿之が企画し、三好十郎の原作『肌の匂い』から「八つ墓村(1951)」の高岩肇が脚色、「吾子と唄わん」の野村浩将が監督に当たっている。撮影は西川庄衛である。出演者は「哀愁の夜(1951)」の二本柳寛「ある夜の出來事」の轟夕起子、小夜福子、「唐手三四郎」の岡田英二のほか、清水将夫、山本礼三郎、清水金一、山村聡、北林谷栄などである。

スタッフ

企画
岡田寿之
原作
三好十郎
脚本
高岩肇
監督
野村浩将
撮影
西川庄衛
美術
森幹男
音楽
木下忠司

ストーリー

暁ビルの中で、密輸品を取引する国友と黒田の乾分山本。その山本が帰路何者かに腕を刺されて受取った金の五十万円を奪われた。それが実は国友の仕業と知った。山本の兄貴分貴島は黒田のとめるのもきかず国友のところへ乗り込んで行って金を取りかえして来た。こんな貴島にも戦争中、出征の前夜に知った一人の女があった。その時の女の哀れな姿が忘れ得られず、探し出して幸福にしてやりたいと思っていた。貴島の男に惚れ込んだ国友が自分の身内へ引き入れようとするが、貴島はそれを断った。しかしその時彼は小松ルリという女と知り合った。彼女の肌の触感から思い出の女がよみがえって来るのだった。貴島はやくざの生活から足を洗おうとするが、国友や黒田はそれをさせまいとして悪質な妨害をするのだった。その頃劇団の唄姫景子は貴島の思い出の女タミ子の居所を探し出してくれた。タミ子は与太者龍次の情婦になって病める身を病院の一室に横たえていたが、貴島も龍次と変わらぬやくざだと冷く却けるのだった。しかし病院を出て国友一味にかこまれ、裏切の制裁の弾丸を打ち込まれようとしたとき、タミ子が彼をかばって倒れたのだった。タミ子の手には二人の思い出のバッチがにぎりしめられていた。新しい人生の門出のため、これまでの悪の清算をするという貴島にルリは「ピアノ」を相手に待っていると約束するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。