日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

戦国無頼
センゴクブライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年05月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Sword for Hire  
上映時間
135分  

製作は「霧笛」の田中友幸。井上靖の原作で「サンデー毎日」に連載された『戰國無頼』。最近松竹で「稲妻草紙」を自分の脚本でとった稲垣浩が監督し、「決闘鍵屋の辻」の脚本を書いた黒沢明が脚本に協力している。撮影は「結婚行進曲」の飯村正。出演者の主なものは、「西鶴一代女」の三船敏郎、「本日休診」の三國連太郎、「霧笛」の山口淑子、「慶安秘帖」に出演した歌舞伎の市川段四郎、「海賊船」に出た宝塚の浅茅しのぶなどのほか、志村喬、東野英二郎、青山杉作、香川良介などである。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
井上靖
脚本
稲垣浩黒澤明
監督
稲垣浩
撮影
飯村正
美術
北猛夫
音楽
団伊玖磨

ストーリー

天正元年、織田信長の大軍に包囲されて、浅井長政の小谷城が陥ちたとき、その家臣で風雲の志をもった佐々木疾風之介、立花十郎太、鏡弥平次の三人の武士には、異った運命が待っていた。十郎太は疾風之介の恋人加乃を托されて信濃におち、二君に仕えずの気持から討死を覚悟で敵陣へ斬り込んだ疾風之介も弥平次も離れ離れなってしまった。疾風は深傷を負って倒れているのを野武士の藤十の娘おりょうに助けられた。おりょうは疾風に想いを寄せ、その小屋へ忍んで行った。これを知って斬りかかった藤十を疾風は心ならずも刺して逃げた。弥平次も生き永らえて海賊になっていたが、ある日子分の連れて来たおりょうを救った。一方十郎太は、加乃と共に研師惣治の家に厄介になっていたが、次第に加乃への思慕と共に功名心をつのらせ、かつての敵方織田家へ仕えた。天正三年、丹波の八上城を攻める織田勢のなかに十郎太の姿があり、八上城の城には疾風之介と豪の者として名の聞こえた三好兵部の姿が見られた。おりょうは疾風之介のあとを追ってこの城へ向かって馬を走らせ、加乃もやはり彼を慕ってさまよううちに弥平太に救われ、おりょうのあとを追う弥平太と一緒に八上の城へ向かった。十郎太はおりょうを捕らえてこれを囮に疾風を城へおびき出したが、かえって流れ弾丸に当たって死んだ。疾風が城へ戻ろうとしたとき、おりょうはその体にしがみついた。そしてこれを見ていた三好兵部は、疾風の健在を祈って縄梯子をひきあげてしまった。が、加乃と疾風の結ばれる運命を知ったおりょうは断崖から身を投じ果て、おりょうを失った弥平次は呆然として琵琶湖へ帰って行った。疾風之介は愛のため栄達の野望をすて、加乃と二人で旅を行くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。