日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魔像(1952)
マゾウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年05月01日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

製作は「相惚れトコトン同志」の小倉浩一郎。「旗本退屈男 江戸城罷り通る」の鈴木兵吾が故林不忘の原作より脚色した「大岡政談」もの。「鞍馬天狗 天狗廻状」の大曾根辰夫が監督し、「大江戸五人男」の石本秀雄が撮影している。出演者の顔ぶれは「稲妻草紙」の阪東妻三郎の二役、「波」の津島恵子、「箱根風雲録」の山田五十鈴、「西鶴一代女」の柳永二郎のほか、三島雅夫、香川良介、戸上城太郎など。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
林不忘
脚本
鈴木兵吾
監督
大曾根辰夫
撮影
石本秀雄
美術
川村鬼世志
音楽
鈴木静一

ストーリー

千代田城御蔵番を勤める神尾喬之助は、元旦早々組与頭の戸部近江介を急先峰に、御番所の面々から、年賀の礼を尽さなかったとつめよられた。近江介は、懸想していた園絵が神尾の妻になったうらみもあったが、何よりも彼等が私腹をこやしていることに対して実直生真面目な神尾が常に意見をさしはさむことを邪魔に思っていたからであった。彼等の余りなやり方に堪えられなくなった神尾は近江介を斬って姿を消した。そして彼は江戸っ子気質の御用聞き壁辰と音松の好意で、これもまがった事が大嫌いという通称喧嘩屋夫婦、茨右近とお紘の家にかくまわれた。その右近がまた喬之助から事情をきき、彼が残る不正の御蔵番一味十七名に天誅を加えようというのには大賛成、喬之助の自宅から園絵をひそかにつれて来てやった。喬之助は次々と不正役人を倒して行った。今や戦々恐々の彼等は剣豪神保造酒に喬之助を討つことを依頼したが、神保は園絵と引きかえにそれを承知した。騙されておびき出された園絵も、しかし魚心堂と名乗る当時名奉行の名の高い大岡越前守の親友に救われた。越前守は、悪役人が大かた退治され、主謀の脇坂山城守も御役御免になったのを知って、世をさわがせた喬之助を召取らせた。そこは名奉行のさばき、喬之助を人違いの左近と主張して江戸より追放だけ申渡した。魚心堂から無事送りとどけられた園絵と共に、喬之助は心も晴々と旅に出るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。