日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

腰抜け伊達騒動
コシヌケダテソウドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年05月15日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

製作は「歌くらべ青春三銃士」の石田清吉で、巖谷眞一の原作(雑誌『平凡』所載)から、「母の願い」の伏見晃が森田龍男と共同で脚色し「娘十八びっくり天国」の斎藤寅次郎が監督、同じく服部幹夫が撮影している。出演者の主なものは、「鞍馬天狗 天狗廻状」の高田浩吉、「歌くらべ青春三銃士」の堺駿二、「その夜の妻」の水原真知子の他、新しく起用された千秋みつる、市川小太夫、清川虹子などである。

スタッフ

製作
石田清吉
原作
巖谷眞一
脚本
伏見晃森田龍男
監督
斎藤寅次郎
撮影
服部幹夫
美術
川村芳久
音楽
加藤光男

ストーリー

時の老中板倉内膳之正に直訴した奥州伊達家の江戸家老伊達安芸は、伊達家横領を企む伊達兵部、原田甲斐などの悪臣の策謀にかかって幽閉の憂き目を見た幼君亀千代君を護る乳母政岡をはじめ忠臣たちはこの報に暗然とするが、この時五郎八なる盗賊がしのび込んで来て、陰謀派の連判状をとどけた。彼はかつて亀千代君のお共先を横切ってお手打になるところを赦された恩義にむくいようというのであった。この連判状を江戸公義へとどけて、騒動を一挙に片つけようと、忠臣白川主殿が五郎八を供に江戸へ旅立ったが、早くもこれを知った兵部は輩下の坂丸正膳にその奪回を命じ、正膳はまた手離剣の妙手お秀を使って、連判状を奪い返すことにやっきとなった。ひころが主殿はあぶなしと見て、飴屋に化け密書を太鼓の中にかくすが、五郎八がそれと知らず、太鼓を持ち出したことから、太鼓が紛失してしまった。坂本一味も太鼓の秘密を知って、両方で大切な太鼓を探すことに大童になり、廻りまわって旅役者右太之助一座の使っている太鼓がそれであることを知るが、それも最後にはお秀に奪われてしまった。江戸からは安芸の娘萩乃が原田甲斐の術策によって父の切腹が、近日に迫ったことを告げるため、主殿を出迎えに来た。主殿は、ついにお秀を説いて、正義の味方をさせることに成功したが、その時密書は敵方に渡ってしまったあとだった。しかし主殿はお秀の手引によって適地へのり込み、大奮戦の後ようやく連判状を奪いかえすことが出来、お秀や右太之助一座の応援によって、無事江戸仙台屋敷へとどけることが出来た。ちょうどそれは安芸切腹の寸前だった。こうして伊達家の安泰は危ないところで無事保たれることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。