日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘十八お転婆時代
ムスメジュウハチオテンバジダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月12日 
製作会社
宝塚東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

日活時代「戰鼓」「武士道の鬼」等を発表した倉谷勇が久々に自分の脚本を監督する。撮影は「唐人街の鬼」の藤井春美。出演者は「夢よいづこ」の灰田勝彦、「袴だれ保輔」の新珠三千代、「西陣の姉妹」の進藤英太郎、瀬川恭助、東郷晴子、小堀明男等で、他に賛助出演として淡路通子、高千穂ひづる、惠ゆたか、浦島歌女等の宝塚の面々が顔を見せる。

スタッフ

監督
倉谷勇
撮影
藤井春美
脚本
倉谷勇
製作
土肥可典
音楽
河村篤二
美術
安井一郎
特別出演
淡路通子難波津美舟打吹美砂高千穂ひづる筑紫まり

ストーリー

雑誌記者小山田信吉は神戸駅で江上トシ子がハンドバックから拳銃を落としたことから、彼女と知り合った。彼女は姉の仇花長を探しに来たのだったが、身寄りも金もないので、信吉のアパートに泊めてもらうことになった。信吉は彼女の仇討ちを止めようと努めるが、トシ子の気持ちは一向に変わらなかった。花長とトシ子の対決の機会は来たが、仇は花長でなくハネ健であることが分かった。信吉もトシ子もやはり若い男女であった。二人の愛情は日毎に高まっていき、ともすればトシ子の復讐心も鈍りがちになるのだった。しかし花長の斡旋でハネ健と対決する時が来た。トシ子は信吉の愛情に身を切られる思いをしたが、出かけていってハネ健を倒した。信吉がトシ子の拳銃の実弾を空弾に替えた努力も空しく、彼女は信吉の腕の中で彼のしみじみとした愛情を感じながら「自首して出る」と語るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。