日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お染半九郎(1952)
オソメハンクロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月09日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

脚本監督ともに「西遊記(1952)」の冬島泰三、撮影は「魔像(1952)」の石本秀雄が担当している。「鞍馬天狗 天狗廻状」「月形半平太(1952)」の北上弥太朗がいよいよ本格的な主演として出演し、新人谷鈴子を相手役に、花柳小菊、喜多川千鶴、井川邦子、夏川静江、市川小太夫等のベテランが助演している。

スタッフ

監督
冬島泰三
撮影
石本秀雄
脚本
冬島泰三
製作
杉山茂樹
音楽
鈴木静一
美術
川村鬼世志

ストーリー

京都所司代松平和泉守の家老水野宗右衞門に清廉な気骨を買われた浪人菊池半九郎は、めでたく仕官することができた。侍でなければ夜も明けぬ母の喜びは非常なものだったが、勤め先では組頭小堀中務を中心として賄賂が公然と行われ、乱れきっていた。半九郎が宴席で小堀に手込めにあっているお染を救ったことから、彼に対する小堀の態度は険悪となり、その場は姉芸者お妻の裁量で治まったが、それ以来事あるごとに圧迫を受けるようになった。半九郎の苦境を知った母は密かに賄賂を小堀に送ったが、逆に小堀に公開され嘲罵された。このため母は息子への申し訳に自害した。一方お妻は半九郎に恋心を抱いていたが、お染の気持ちを知り諦める気になった。しかしそのお染も遂に小堀に根引きされることとなった。小堀は上機嫌で半九郎の母の葬式に来て、またも嘲罵した。耐えに耐えてきた半九郎の憤怒も遂に爆発し、「斬奸状」を叩きつけて彼ら一味に血の雨を降らし、やっと鳥辺山の母の墓地にたどり着いた。そこには小堀の元から逃げてきたお染の姿も見えた。二人は心中を決意するが、水野和泉守の情けあるはからいで救われるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。