日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

トンチンカン三つの歌
トンチンカンミッツノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月03日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「母山彦」の八住利雄のシナリオを「腰抜け 伊達騒動」の斎藤寅次郎が監督し、「水色のワルツ」の友成達雄が撮影を担当している。出演者は「おかる勘平」のエノケン、「恋風五十三次」の金語樓、「西遊記(1952)」の花菱アチャコ、「娘初恋ヤットン節」の清川虹子、「お洒落狂女」の関千恵子の他に、田端義夫、城正彦、伴淳三郎等多彩な顔ぶれである。

スタッフ

監督
斎藤寅次郎
撮影
友成達雄
脚本
八住利雄
製作
加藤譲
音楽
鈴木静一
美術
安倍輝明

ストーリー

仲のいい房子と明夫の二人に房子の父の金助はヤキモキしている。房子の勤めている研究所の天才科学者根本も密かに房子を恋していたが、どうも思うように表現できない。年甲斐もない親爺のやきもちをやめさせようと、房子は兄の圭一と図って女医立川さくら女史との仲をとりなす。さくらの実子は金助の義弟の阿吉が育てているアヤ子であるが、阿吉は貧乏なためアヤ子を一時預かってくれと金助に頼む。思いがけずアヤ子と対面したさくらは、金助と結婚して一緒に自分たちの子供として育てたくなるが、阿吉は承知しない。一方、明夫は尊敬している根本が房子を恋していることを知って身を引こうとし、悲しんだ房子は行方不明になるが、根本がテレヴィジョンで彼女がインチキ師に誘拐されているのを知ると、根本は明夫に助けに行くように命じ、自分は房子をあきらめるのであった。また、阿吉とさくらも、二人の間で悩んでいる子供とお互いの子供に対する愛情を如実に見せられて、自分たちのわがままを考え直すのだった。お父ちゃんもお母ちゃんも二人できたんだよと言い聞かされたアヤ子は、明るい気持ちで張り切ってNHKの「三つの歌」に出場し、みごとに三つとも歌ってしまう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。