日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

はだか大名(前篇)
ハダカダイミョウゼンヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月19日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

製作は「天草秘聞 南蛮頭巾」の高村將嗣と「赤穂城」の玉木潤一郎とが共同で当たり、大阪新聞連載の山手樹一郎の原作『はだか大名』より、「天草秘聞 南蛮頭巾」の木下藤吉と「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の渡辺邦男が脚色し、同じく渡辺邦男が監督に当たり、渡辺孝が撮影を受け持っている。出演者の主なものは「赤穂城」の片岡千恵蔵、「浮雲日記」の花柳小菊、「離婚」の田崎潤、「天草秘聞 南蛮頭巾」の御園裕子の他、大友柳太朗、澤村國太郎、進藤英太郎などである。

スタッフ

監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
脚本
渡辺邦男木下藤吉
原作
山手樹一郎
企画
高村將嗣玉木潤一郎
音楽
山田栄一
美術
小池一美

ストーリー

深川辰巳の鉄火芸者小稻は、病気の妹芸者小品に足を洗わせてやるため、盗賊油屋傳次がわざと置き忘れた五十両の金を小品の身代金の一部に使ったことで、八幡様に祈願に来て、そこへ来合わせた浮世捨三郎に願いの筋を立ち聞きされた。浮世捨三郎は明石松平十万石の嫡子であったが、将軍家齊の子齊信が天下りの養子で世嗣となったため若隠居の身となり、手元金五十両を持って飄然と屋敷を出たのであった。浮世捨三郎は小稻と傳次の掛け合いに立ち会ってやったばかりでなく、高利貸しから責められる小品姉弟にポンと五十両を与えた。小稻と傳次はその気風にすっかり惚れ込み、特に男嫌いで通した小稻の胸には生まれて初めての恋心が芽生えた。さらに、齊信の意に従わないため座敷牢に入れられた豪商伊丹家の娘美代を捨三郎が救い出してからは、佞臣大内右源太の一味が一層厳しく捨三郎の身辺を狙うようになった。美代を捨三郎に連れ去られて、命に代えても取り戻せと命じられた老女玉野や美代、小品などを根岸の伊丹屋の寮に匿っていた捨三郎は、浜町河岸で右源太の一味に襲撃され、根岸の寮にも彼らの魔手が延びていることを知ると、必死になって血路を開き、根岸を目指して馬を疾駆させるのであった。(前篇)

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。