日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

振袖狂女
フリソデキョウジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月10日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

毎日新聞夕刊に連載された川口松太郎の原作から、「西遊記(1952)」の八尋不二が脚色し、「十六夜街道」の安田公義が監督に当たっている。撮影は「修羅城秘聞 双龍の巻」の杉山公平である。出演者の主なものは、「修羅城秘聞 双龍の巻」の長谷川一夫に「四十八人目の男」の山根寿子、「西陣の姉妹」の宮城野由美子の他に黒川弥太郎、小堀誠、松島トモ子、岡譲二などで、衣裳考証に岩田專太郎、劇中人形芝居の指導には桐竹紋十郎、豐澤猿二郎の両氏、狂女舞の按舞には藤間良輔が当たっている。

スタッフ

監督
安田公義
撮影
杉山公平
脚本
八尋不二
原作
川口松太郎
音楽
伊福部昭
美術
角井平吉

ストーリー

大阪落城後科手の若い豪士彌右衞門は秀頼の遺児鶴姫を守って再興の機を狙っていたが、鶴姫の侍女左枝と彌右衞門が夫婦の約束をしたのを嫉妬した同志の中内宗右衞門の密告によって隠れ家を襲われた。彌右衞門は鶴姫を連れてようやく血路を開き窮地を脱したが、そのために左枝とは別れ別れになった。彌右衞門は鶴姫に男装させ子太郎と呼んで傀儡師近江久次郎の一行に加わって旅を続けた。久次郎の娘宇津木には父親のない玉木という幼い娘があり、子太郎と仲良しになっていた。家康は駿府城で病床に伏していたが、尾張義直の肝煎りで各国の芸人が集められ、家康を慰める演芸大会が催された。そこに選ばれた芸人たちの中には、彌右衞門の一行や女歌舞伎の丹後一座に入っていた左枝の姿もあった。彌右衞門と左枝は再会を喜ぶと同時に、これをよい機会として家康を討とうと計るが、彌右衞門の身を案じた宇津木の邪魔によって失敗し、左枝は捕らえられ、彌右衞門たちも追いつめられた。宇津木は彌右衞門の胸中を察して、自分の子玉木を鶴姫だと言って差し出した。子太郎を丹後に預けた彌右衞門は引き返して左枝を救い出すが、玉木が殺されたと聞いて憤然と家康の寝所に忍び込む。だが、家康は既に病死していた。やがて家康の御側用人内海陣十郎の情けある計らいで、一同は殺されていなかった玉木とともに無事に城外へ送り出されたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。