日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暴力
ボウリョク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年08月26日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Violence  
上映時間
87分  

「偽れる盛装」「西陣の姉妹」と関西の社会悲劇をテーマにしてきた近代映画協会の吉村公三郎監督、脚本家新藤兼人のコンビが初めて東映に持ち込んだ作品で、撮影は宮島義勇、出演者は「西陣の姉妹」の日高澄子、菅井一郎、殿山泰司、進藤英太郎の演技陣に加えて、「恋風五十三次」の若山セツ子、「霧の夜の兇弾」の岡田英次等が出ている。

スタッフ

監督
吉村公三郎
撮影
宮島義勇
脚本
新藤兼人
企画
大森康正
音楽
伊福部昭
美術
小池一美

ストーリー

大阪のとある歓楽街の片隅に位置する日の出横町。そこには浮浪者の群れ、空き巣、万引き、刑務所から直行した男、どれもこれも一癖ありげなカゲを持った人生の黄昏族が集っている。この街のアイマイ宿、ことぶき屋の娘孝子は、養父の山田に強いられてポン引きをしている。またストリップ小屋の支配人富坂は孝子の肉体を狙っており、山田を通じて口説き落とそうとしている。しかも孝子は山田を恐れる母のせつと盲目の妹の靜子と、山田に追い出された実父の助藏をかばって、その日暮らしに生きていた。ことぶき屋に宿泊した若い女の鉄道自殺、女流作家の社会探訪、狂える詩人、この街にとってはありふれた数々の事件の中に、犯罪者の高見と木島がもぐり込んできた。孝子は高見にひかれ、高見たちの落ちていく四国の牧場に憧れた。その牧場こそ孝子を泥濘から救う唯一の場所だと思えた。しかしせつたちを説いて四国行きを決心させた夜、山田の密告により高見と木島は捕縛される。孝子の夢は無惨につぶれた。その夜、浮浪者となっている助藏が酔っぱらってことぶき屋に入り込み、せつをはさんで怒号を繰り返す。その二階では孝子への思いを遂げられなかった富坂が盲目の靜子に挑み、靜子は逃げようとして階下に落ちて負傷する。山田と助藏はその靜子を前にして乱闘を始め、激怒した山田は孝子やせつにまで暴力をふるう。孝子は今や一切の憤りを込めて、遂に山田を殺害した。虐げられた女のせめてもの反抗であった。しかしこの街にとっては所詮他人事である。今日も雑多な人の群れが忘却の彼岸に歩みを続ける。狂える詩人は敗残と絶望の詩を相変わらず絶叫している。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。