日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪談深川情話
カイダンフカガワジョウワ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月24日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「利根の火祭」の企画をした高桑義生の原案で、「月から来た男」の犬塚稔が脚色をし、同じく監督に当たっている。犬塚稔の監督作品は「元禄水滸伝」に次ぐものである。出演者は、「死の街を脱れて」の水戸光子、「阿波狸屋敷」の堀雄二、「銭形平次捕物控 地獄の門」の長谷川裕見子の他、進藤英太郎、市川小太夫、星ひかる、潮万太郎などである。

スタッフ

監督
犬塚稔
撮影
伊佐山三郎
脚本
犬塚稔
原案
高桑義生
音楽
松本四郎
美術
中村能久

ストーリー

芸は達者で器量よし、それに男嫌いで通った踊りの師匠若柳吉登世の弟子お久は、請負師熊本傳次郎の後援で派手な名披露目をした。お久はその後援のため養父母と傳次郎との間で自分の体が取引されているのを知らなかった。熊本組に厄介になっている相良新吉は、その話を小耳にはさむとお久を救って吉登世の元へ送り届け、吉登世はお久を知り合いの寺に匿ってやった。そんなことから新吉と吉登世は深い仲になったが、傳次郎も年増盛りの吉登世に食指を動かし始めた。そして新吉をつけ狙ったので、吉登世はお久を手元に引き取って、今度は新吉を寺へ匿わなければならなかった。ある日女中に代わってお久が新吉の元へ弁当を運んだことから吉登世にはお久への嫉妬が芽生え、お久は養父母の元へ帰された。お久は養父母の所にもいたたまれず、吉登世を頼って帰ってくるが、吉登世にとってはそれが新吉との間を疑う種になった。新吉はそんな生活に耐えられず、吉登世に別れ話を持ち出した。その時ふとしたはずみで吉登世は顔に醜い傷を負ってしまった。吉登世の看病をしている新吉の所へ家出したお久が訪ねてきて、二人で外へ出ている間に、吉登世は傳次郎の刃で殺されてしまった。顔半面に醜い傷を負った吉登世の亡霊が、傳次郎、新吉、お久を次々と破滅の淵へ誘い込んでしまうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。