日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続・チャッカリ夫人とウッカリ夫人
ゾクチャッカリフジントウッカリフジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月10日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

柴田万三の企画で、「恋の蘭燈」の佐藤一郎が製作に当たっている。前編と同じく原作はラジオ東京放送台本で、神谷量平の脚色、渡辺邦男の監督、渡辺孝の撮影も、前編「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」と同様である。続編には茶刈夫人として「郷愁」の轟夕起子が登場、暁テル子、宮川玲子などが前編に見られない顔ぶれである。

スタッフ

監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
脚色
神谷量平
原作
市川三郎梅田晴夫佐々木惠美子
製作
佐藤一郎
企画
柴田万三
音楽
服部良一
美術
梶由造

ストーリー

旭ヶ丘住宅地の茶刈家と迂刈家へ最近それぞれ居候が舞い込んだ。茶刈家へは夫人の同窓でノド自慢狂の賀刈良子、迂刈家へは夫君の後輩で関取志願の高橋頑鐵という男である。両家で持て余していた両居候も、旭ヶ丘納涼大会では、賀刈嬢がノド自慢で一等を取れば頑鐵君が飛び入り相撲で優勝、という風に大いに両家の名を上げ、茶刈家びいきのコロッケ屋の親爺と迂刈家びいきの床屋の主人まで鼻を高くするありさまであった。納涼大会の相撲ですっかり腰が立たなくなった両夫君に代わって、翌日茶刈夫人と迂刈夫人とで両居候のため就職運動に出かけたのがみごと功を奏して、サンライズオレンヂ会社の鎌倉の夏期売店で、賀刈嬢が宣伝係に、頑鐵君が用心棒に採用されたばかりでなく、茶刈、迂刈両夫妻が、その主任に選ばれた。その前夜祭、肝心の歌手がいないという騒ぎになった時、茶刈、迂刈の両夫人が颯爽と登場して大いに歌いまくり、大喝采を博した。両夫君は改めて自分の妻君を見直した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。