日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

はだか大名(後篇)
ハダカダイミョウコウヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月26日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

前篇と同じスタッフ及びキャストである。

スタッフ

企画
高村將嗣玉木潤一郎
原作
山手樹一郎
脚本
木下藤吉
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
美術
小池一美
音楽
山田栄一

ストーリー

根岸の伊丹屋寮では鬼畜外道な斎信から女たちを救うため捨三郎が駆けつけ剣を抜いて闘ったが、捕方が現れたため双方がまず手を引いてしまった。けれどこの衝撃のため病気の小品は弟要吉のことを捨三郎に托して世を去った。小品の初七日の日に、国元から早飛脚で弟太輔が幽閉されたと知った捨三郎は弟を救うため明石へ旅立つことにしたが、その前に策をもって、右源太の掌中に陥入っていた小稲を救い出してやった。捨三郎の旅立ちと、そのあとを追う小稲、お美代、要吉のあることを知った右源太は斎信と共に捨三郎の先を越して国入りを急いだ。そして通行禁止の尾州領の假番所で偽りの申立てをしたために捨三郎と伝次は捕らえられたが、後から来た小稲たちの言いひらきで解き放たれた。美代は膳所に本陣を張る斎信の手にかかって殺された。捨三郎は逃げる斎信を追うが、斎信は獵師多九郎の凶弾に倒れた。右源太は斎信の死を利用して捨三郎を陥入れようと最後の非謀を企むが、これも捨三郎のために破られ、大輔は無事救われて明石の城に喜びの春がおとずれた。捨三郎、伝次、小稲、要吉の一行はたのしく再び江戸へ向うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。