日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大当り黄金狂時代
オオアタリオウゴンキョウジダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

企画は「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」の玉木潤一郎で、脚本の協力者村松道平をのぞくほかは、監督(渡辺邦男)、撮影(渡辺孝)共に「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」と同じスタッフである。出演者は「修羅城秘聞 双龍の巻」の山口勇、「トンチンカン三つの歌」の清川虹子、伴淳三郎のほかに、坊屋三郎、山茶花究、益田キートンなどの喜劇メンバーが助演している。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
脚本
渡辺邦男村松道平
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
美術
塚本隆治
音楽
高橋半

ストーリー

時代篇と現代篇とに別れたこの物語りは、まず今は昔、江戸の六兵衛長屋住む呆れた連中の鉢三、五一、三太郎の三人組は揃いも揃って賭け事が好きで、年中家賃も払いかね、大家六兵衛の頭痛の種だったことから始まる。三人の隣に住む玉兵衛も勝負好きだったが、これは女房お松の監督がきびしくままにならないが、それでも山の神の眼をぬすむことばかりを考えている。ところがこの長屋へならず者の辰というのに追われて逃げ込んだ娘があった。これを助けるために身の代金三両を作らなければと、長屋の連中は一生懸命になるが、貧乏な連中のこととてどうにもならない。すると甚兵衛が家主に買わされた宝くじが千両の大当りで、長屋はひっくりかえる騒ぎになった。三人組は「孫子の代まで勝負、勝負」と甚兵衛夫婦をおがむが、夫婦は鉄格子をはりめぐらしたなかで千両箱をかかえてふるえていた。その子孫は、昭和の時代になって、相変わらず六平の長屋住まいで、競馬や流行のパチンコにうき身をやつしている。パチンコ屋の看板ガール和子さんが主人の辰五郎に難題をもちかけられて長屋へ逃げ込んで来た。五万円の借金を即座に支払わなければならないのであった。長屋一同例によって和子さんを救うために万作をつくすがない袖はふれない。すると叉々甚平の四百万円のくじが当って、和子さんも助かり、長屋はみんなのものになったという。めでたし、めでたしのお話。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。