日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

決戦高田の馬場
ケッセンタカダノババ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月31日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

「赤穂城」の坪井与に西原孝と佐藤宇之助が協力して企画し、「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」の渡辺邦男と木下藤吉とが脚本を、同じく渡辺邦男が監督、渡邊孝が撮影に当っている。出演者の主なものは、「修羅八荒(1952)」の市川右太衛門、「新やじきた道中」の清川虹子、丹下キヨ子、横山エンタツに、「生き残った弁天様」の笠置シヅ子、「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」の田崎潤などである。

スタッフ

企画
坪井与西原孝佐藤宇之助
脚本
渡辺邦男木下藤吉
監督
渡辺邦男
美術
塚本隆治
音楽
服部良一

ストーリー

国元で悪侍のチョンまげを斬って江戸へ出て来た中山安兵衛は、ガマの油売りの辰五郎と知り合ってその長屋へころげ込んだ。長屋では家主の六兵衛を筆頭に、講釈師つるつる斎のつるり、女房おさわ、妹おつた、居合抜きの道玄、カゴヤのトン平、辰五郎の妹お勘など安兵衛を大歓迎、殊にお勘などは得意のヴキによりをかけて安兵衛にのぼせあがっていた。ところがある日堀部弥兵衛の一人娘幸を救ったことから、この幸がまた安兵衛への恋わずらいにどっとばかり床についてしまった。安兵衛には、牛込に住む菅野六郎右衛門というれっきとした叔父があったが、叔父に迷惑の及ぶことをおそれて、安兵衛はもっぱら大道の居合抜きで生活をたて、相変わらず長屋の人気者でいた。ところが、六郎右衛門は中津川祐範との対立が深まって、遂に高田の馬場の果し合いで討たれた。若党佐次平の注進で安兵衛が高田の馬場へかけつけたときは、叔父はすでに討たれた後だったが、安兵衛は叔父の報復に中津川一門を斬って斬って、斬りまくったのだった。これによって安兵衛の名は江戸中に鳴りひびき、堀部弥兵衛は娘のために相変わらず熱心に通いつめるが、彼は徳利を腰に、蛮声をはりあげて居合抜き商売にはげむのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。