日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アチャコ青春手帳
アチャコセイシュンテチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年08月28日 
製作会社
新東宝児井プロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

製作は児井プロの兒井英生。BKの連続放送劇から「母を恋う歌」の山崎謙太が脚本を書き、「若き日のあやまち」の野村浩将が監督に当っている。撮影も同じく平野好美である。出演者は、「新やじきた道中」の花菱アチャコと清川虹子、「花嫁花婿チャンバラ節」の大泉滉のほか、木匠久美子、堺駿二、清川玉枝、古川緑波、益田喜頓などである。

スタッフ

製作
兒井英生
原作
長沖一
脚本
山崎謙太
監督
野村浩将
撮影
平野好美
美術
梶由造
音楽
服部正

ストーリー

アチャコは大学の卒業をひかえ三度目の落第の憂き目を見た。下宿代はたまるし、母親は上京してくるし、下宿の娘愛子さんとは結婚できないしで、悲観している。同じ落第大学生でも、北村のほうは金持息子なので、呑気にバスガールの愛子さんの乗っているバスに毎日乗込んで、彼女にモーションをかけている。愛子さんの心はアチャコにあったが、ついに北村は愛子さんを自分の誕生日に家へ招待することに成功した。北村の家庭であらゆるもてなしを受けたが、自分もその昔バスガールだった北村の母はあまりよろこばなかった。アチャコは発ぷんして、色々アルバイトをし、最後にコルセット会社の社長秘書という割りのよい内職にありついた。この会社は女ばかりの会社で、社長は女の持つあらゆる魅力を駆使して事業の発展にこれつとめていたが、アチャコはある時は社長の父に、またある時は夫君になりすますという大活躍をするのだった。社長はアチャコに次第に恋心を感じはじめるが、アチャコの心はやっぱり愛子さんの許にあった。そのうち浮気な社長は取引客と意気投合して結婚することになりアチャコは馘になったが、退職金はたんまりはずんでくれた。アチャコはその金で愛子さん一家の経済的危機も救うことが出来た。また卒業式が近づいて来たが、こんどはアチャコにも自信があった。晴れて卒業の上は、愛子さんと結ばれ、一人きりのお母さんも安堵させることが出来ることであろう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。