日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

チョイト姐さん思い出柳
チョイトネエサンオモイデヤナギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年09月04日 
製作会社
新東宝伊藤プロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

新東宝と伊藤プロとの提携による歌謡曲映画で、阿木翁助の原作から「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の柴田万三が企画し、「犬姫様」の伊藤基彦が製作に当っている。脚色と監督は「花嫁花婿チャンバラ節」の佐伯幸三。撮影は「おかあさん」の鈴木博である。出演者の主なものは「原爆の子」の小夜福子、「浅草四人姉妹」の関千恵子、「こんな私じゃなかったに」の山村聡、新人高島忠夫に三原葉子、歌謡歌手久保幸江、神樂坂芸妓はん子の特別出演がある。

スタッフ

製作
伊藤基彦
企画
柴田万三
原作
阿木翁助
脚色
佐伯幸三
監督
佐伯幸三
撮影
鈴木博
美術
鳥居塚誠一
音楽
古賀政男
特別出演
神楽坂はん子

ストーリー

芸者豆千代には清元の師匠おとよの一人息子信一という幼馴染の恋人があった。信一は、しかし医科を卒業すると友人早川の紹介で、その叔父の経営する熱海の大病院へ招かれることになった。これには、早川の妹孝子の信一に対する好意以上の気持があずかっていた。その頃豆千代も左前になった家を救うため、大阪の株屋に落籍される話が持上っていた。一日おとよは熱海の信一の許を訪ねたが、そこで思いがけない人に会った。おとよの芸者時代の恋人越村だった。当時医学生だった彼は恩義にからまれておとよから去ったが、その後で彼女は信一を生んだのであった。男の子なら引取りたいという越村に、女の子だといつわって、今日まで意地で信一を育てて来たのだったが、越村も妻を失い孤独の身であった。是非子供に会わせてくれとたのまれ、おとよは仕方なく豆千代にその代役をたのんだ。豆千代は越村があまりに親切にしてくれることと、通りかかった自動車に信一と孝子の姿を見たことから堪らなくなり一さいを打ちあけた。越村は我が子に自分のような誤ちをおかさせまいと努力し、豆千代の母松子や兼寿司の兼吉などの助けをかりて信一と豆千代を無事に結びつけてやると同時に、おとよとも二十数年目にようやく晴れて手を握り合った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。