日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

弥太郎笠(1952)
ヤタロウガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月30日 
製作会社
新東宝新生プロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
159分  

鶴田浩二が独立、主宰する新生プロと新東宝との提携作品。製作は「慟哭」の星野和平、子母沢寛の原作から、「続三等重役」の松浦健郎が脚本を書き、「すっ飛び駕」のマキノ雅弘が監督している。撮影は「離婚」の山中晋。出演者の主なものは「坊ちゃん重役」の鶴田浩二と岸恵子、「慟哭」の木暮実千代が特別出演し、村田知英子、高田浩吉その他の助演陣。

スタッフ

製作
星野和平
企画
佐野宏
原作
子母沢寛
脚本
松浦健郎
監督
マキノ雅弘
撮影
山中晋
美術
進藤誠吾
音楽
鈴木静一
照明
藤林甲
録音
神谷正和

ストーリー

直参の生れながら武家を嫌ってやくざになったりゃんこの弥太郎は、旅をめぐって木曽路の松井田宿松井田屋虎太郎のところへ草鞋をぬいだ。その夜は町の宵祭りで虎太郎の娘お雪と一緒に祭見物に出た。そして、桔梗屋のお牧という女が、虎太郎を手玉にとる一方、彼と張り合うお神楽の大八とも情を通じていることを知った。翌朝再び旅を行く弥太郎は、武家時代の親友で街道筋の見廻り役人桑山盛助に出会った。お雪のためを思ってお牧の一件を桑山に話したことが仇になり、虎太郎は大八のために殺されてしまった。めぐりめぐった旅先でふとそのことを知った弥太郎は、韋駄天の如くに木曽路を松井田宿へ駆けつけた。そして、大八を相手に虎太郎の恨みを晴らすと共に、奪われた縄張りもとりもどしてやった。そしてひきとめるお雪の手をふりはらって再び旅へ出た弥太郎だったが、やはりお雪いとしさの心に負けて、途中からお雪の許へひきかえした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。