日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三文役者
サンモンヤクシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2000年12月02日 
製作会社
近代映画協会 
配給会社
近代映画協会東京テアトル配給協力 メディアボックス) 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
126分  

今は亡き名バイプレイヤー・殿山泰司の、天衣無縫の俳優人生を描いた人間喜劇。監督・脚色は「生きたい」の新藤兼人。撮影を「生きたい」の三宅義行が担当している。主演は、「弱虫」の竹中直人と「皆月」の荻野目慶子。また、殿山氏を知る証言者として「午後の遺言状」の故・乙羽信子も出演している。近代映画協会50周年記念、00年度本誌日本映画第6位、日本ペンクラブ賞第4位第10回日本プロフェッショナル大賞第7位。芸術文化振興基金助成作品。

スタッフ

製作
進藤次郎
原作
新藤兼人「三文役者の死」(岩波書店刊)
脚本
新藤兼人
監督
新藤兼人
プロデューサー
進藤次郎
アソシエイト・プロデューサー
平形則安
撮影
三宅義行
美術
重田重盛
音楽
林光
照明
山下博
録音
武進
編集
渡辺行夫
スクリプター
吉田純子
助監督
山本保博
製作担当
森賢正
効果
佐々木英世
調音エンジニア
多良政司竹島直登
ネガ編集
高橋司圭子森賢正
装置
プロジェクト映美
装飾
相田敏春高橋光
小道具
作田一子河原幸治
衣裳
鈴木淳戸塚麻由美
美粧
工藤芳照深沢由美子
スチール
金子哲也
オプチカル
関口正晴
タイミング
金子洋一
車輌
原雅弘村上公教
宣伝担当
花安静香
製作経理
吉野三保子新岡千加絵
製作主任
桑原一仁
製作進行
岩谷浩松村龍一星野友紀岩本光弘河邑厚太

ストーリー

1915年10月17日、タイちゃんこと殿山泰司は、銀座の“おでんお多幸”の長男として生まれ、36年、俳優となった。36歳の時、タイちゃんは京都の喫茶店“フランソワ”のウェイトレス、キミエと出会い相思相愛の仲になる。ところが、彼には既に鎌倉に内縁の妻・アサ子がいたのだ。タイちゃんは、女優のオカジこと乙羽信子を介してアサ子に別れ話を持ち出すが、逆にアサ子はタイちゃんに黙って婚姻届を出し、養女まで迎えてしまう。しかし、東京でタイちゃんと同棲を始めたキミエも負けてはいない。対抗心をむき出しにして、兄の息子・安夫を養子に取ったのだ。こうして、たちまち二児の父親になってしまったタイちゃんであったが、仕事では「愛妻物語」「裸の島」といった素晴らしい作品に恵まれ、しかも「人間」では数々の賞に輝いた。その後、肝硬変、母の死、子供たちの結婚、浮気事件、様々な出来事を経て、古希を迎える年となったタイちゃん。選り好みせず仕事をしてきた彼だったが、このところめっきり仕事の依頼が減っていた。ところが余命半年の診断を受けた時、皮肉にも3本の仕事が舞い込んでくる。そして、堀川弘通監督の「花物語」への出演を終えた直後の1989年4月30日、ジャズとミステリィをこよなく愛した三文役者・タイちゃんは、キミエに看取られながら他界した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。