日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

丘は花ざかり(1952)
オカハハナザカリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年11月18日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
119分  

「足にさわったおんな」の藤本真澄の製作。原作は石坂洋次郎の朝日新聞連載小説で、「東京の恋人」の井手俊郎と「おかあさん」の水木洋子が脚色、「東京の恋人」の千葉泰樹が監督している。撮影は久しぶりの中井朝一、出演者の主なものは、「お茶漬の味」の木暮実千代、「足にさわったおんな」の池部良、「結婚案内」の杉葉子、「娘はかく抗議する」の高杉早苗その他の助演陣。

スタッフ

製作
藤本真澄
原作
石坂洋次郎
脚色
井手俊郎水木洋子
監督
千葉泰樹
撮影
中井朝一
美術
松山崇
音楽
服部良一
照明
石井長四郎
録音
下永尚

ストーリー

香月美和子は東洋評論社の入社試験に見事パスした。彼女は姉信子夫婦の家に同居していた。主人の高畠氏は実直な紳士で、信子は何の不自由もなかったが、刺戟のない日常生活に退屈して子供の学校のPTAの役員になって活躍するようになった。信子はここで同じ役員の石山春雄と親しくなった。石山はキザだが、女には非常に親切な男で、「山猫」というバアのマダム白川朝子のパトロンだった。信子の美しさにひかれた石山は色々な手段を使って彼女の心をとらえようとしていたが、世間知らずの彼女は誘惑の甘さにぐんぐんひかれて行きそうだった。一方美和子は社の野崎という青年と好意を持ち合ったが、編集長の野呂の家庭に出入りし、妻を失った彼の淋しさを見たり彼の老婆や子供たちに慕われると次第に彼を自分の結婚相手に考えるようになった。しかし、美和子の告白をきいた野呂は、若い彼女は若い相手を探して、共に苦労をして家庭を築いて行くべきだとさとした。信子もあやうく石山とあやまちを犯しそうになるが、彼女の人妻としての正しい本能がそれを自制させ、夫にすべてを告白して事なきを得た。白川朝子も胸を病み、石山と別れて美和子の叔父木村健吉の山の牧場で働くようになった。ある日、この牧場へ、木村の案内で高畠夫婦、美和子、野崎が訪ねた。花ざかりの丘にねころんだ美和子と野崎の二人の間に楽しい未来の生活設計が語られていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。