日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恐妻時代
キョウサイジダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月30日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「結婚案内」「足にさわった女(1952)」の藤本真澄の製作で、「慟哭」の猪俣勝人に大木英吉が協力して書いたオリジナル・シナリオを、「浅草四人姉妹」の佐伯清が監督している。撮影は「続三等重役」の飯村正、配役には、「クイズ狂時代」の小林桂樹、「戦国無頼」の浅茅しのぶをはじめ、「続三等重役」の河村黎吉、千石規子やその他のバイプレーヤーの人々である。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
猪俣勝人大木英吉
監督
佐伯清
照明
大沼正喜
撮影
飯村正
美術
中古智
音楽
古關裕而
録音
亀山正二

ストーリー

住宅会社の技師宇津見慎一は、朝日土地の女社員帰山恭子さんと知り合って結婚したが、会社の宴会その他で見せつけられる他の既婚社員のような恐妻家にはなりたくないと決心した。ところが新婚旅行から帰って来たとたん、恭子さんのすすめで彼女の実家に同居したのがそもそものミステークで、養子型恐妻家となった自分の姿を見出すばかりであった。これではならじと無理に未完成の社宅へひっこし、遂にその家も完成、新築祝いに社員を招いて大いに亭主関白ぶりを発揮したまではよかったが、その翌日恭子さんに実家へ帰ってしまわれてすっかりしょげ込んでしまった。しかしその恭子さんが突然帰って来てくれてやれうれしやと思う間もなく、つきつけられた六箇条の誓約書を渋々受諾するより仕方なかった。このことが社内に知れわたり、恐妻家連盟から進退をとわれ、あやうく連盟に加入させられそうになったので男子の恥とばかり家へかえって恭子さんと大乱闘、恭子さんは実家へ、宇津見君は大谷部長宅へ走った。しかし大谷家ではそのため夫婦間の大喧嘩となり、いたたまれなくなった彼はすごすごわが家に帰った。そこには意外、恭子さんも帰っていて、二人ははじめて恐妻は愛妻に通ずる真理を発見した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。