日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

巣鴨の母
スガモノハハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月16日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

企画は「腰抜け巌流島」に次ぐ浅井昭三郎の担当。「大あばれ孫悟空」の八尋不二の脚本によって「あばれ熨斗」の安達伸生が監督している。撮影は「怪談深川情話」の伊佐山三郎。出演者は「二つの処女線」の三益愛子、根上淳、「安宅家の人々」の船越英二の他、霧立のぼる、大美輝子や「振袖狂女」の松島トモ子を始めとする春野すみれ、西岡タツオ等の子役陣が助演している。

スタッフ

企画
浅井昭三郎
脚本
八尋不二
監督
安達伸生
撮影
伊佐山三郎
美術
中村能久
音楽
渡辺浦人
録音
大谷巖
照明
湯川太四郎

ストーリー

四人の子供のうち三人まで戦争に奪われ、南方から復員した最後の頼みの綱、末男とY港の埠頭で相擁して泣く小森あきの傍らには、戦友有吉から夫が戦犯として抑留された報せをきき、呆然と失望のどん底に沈む二人の幼子の母松井道子の姿があった。小森母子の喜びも永くは続かなかった。祝膳の箸もとらぬうちに末男は戦犯容疑者として拘引され、裁判の結果重労働三十年の刑に処せられたのだった。靴みがき、掃除婦と、あきの苦難の日が続いた。そのあきや、一方これも必死に戦後の生活難と闘う道子の面倒を何くれとなく見ていた有吉は、やがて運悪く戦犯となった人々を慰めるために巣鴨拘置所の看守を志願した。心痛と生活にひしがれたあきの老躯に、世の迫害は酷しく、アパートも追い出された。電車賃もないあきは、巣鴨のわが子を求めてトボトボ歩み続けたあげく、力つきて路傍に崩折れてしまった。救ったのは奇縁にも道子の長屋の人々だった。彼らの温かい看病で一時恢復した彼女も、末男との面会の際受けた戦犯や看守達の心こもる贈り物を、帰りの車中で盗まれてからというもの、病状は俄に悪化し、再起の見込みもたえてしまった。有吉のはからいで枕頭に駈けつけた末男は、もう釈放されたんだよ、という偽りの励ましを真にうけ、にっこり笑った母の死顔を胸に、再び巣鴨の拘置署へと帰ってゆくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。