日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モンテンルパの夜は更けて
モンテンルパノヨハフケテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月09日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

製作は瀧井孝二と青柳信雄の共同製作で、「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の八住利雄がオリジナル・シナリオを書き、「水色のワルツ」の青柳信雄が監督に当っている。撮影は「母を恋う歌」の小原譲治。出演者の主なものは「美女と盗賊」の東野英治郎、北林谷栄、「稲妻(1952)」の香川京子、「泣虫記者」の上原謙のほか、花井蘭子、山内明その他の助演者たちである。

スタッフ

製作
瀧井孝二青柳信雄
原作
八住利雄
脚色
八住利雄
監督
青柳信雄
撮影
小原譲治
美術
松山崇
音楽
斎藤一郎
照明
矢口明
録音
片岡造

ストーリー

元陸軍少将河井幸三は、いまもって水師営の歌を愛唱する頑固一徹な老人であったが、比島に戦犯死刑囚として残されている次男正一の帰りを唯一の願いとしていた。正一は戦時中挺身隊で働いていたとき、美津子と知り合い、彼が学徒出陣で急に出征した後、美津子は彼の希望で、留守宅の河井家へ嫁し、それ以来帰る希望のない正一を待つ忠実な嫁として幸三に仕えて来たのだった。美津子は実家へ帰ると、妹春恵からは、彼女の立場がていのよい河井家の女中だといわれ、美津子自身も時には自分の生活に自信を失うことがあった。正一の兄道夫は、美津子の理解者であり、同情者であって、彼の支持で美津子は英会話の夜学に通い、そこで小学教員の井野圭介と親しくなった。圭介は美津子を愛するようになり、美津子も彼に好意を持ったが、その事をひどく幸三に詰られ実家に帰った美津子は、やがて、自分と同じく一人息子を守って夫の帰りを待つ君枝の姿を見て、待っているのは自分だけでないことを思い、心現れて、再び正一への慕情を新たにするのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。