日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人生劇場 第一部
ジンセイゲキジョウダイイチブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年11月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The "Life" Theater  
上映時間
78分  

尾崎士郎の原作を「泣虫記者」の八木保太郎、「思春期」の棚田吾郎が共同脚色し、「慟哭」の佐分利信が監督する東映東京作品。芸術祭参加作品として社長大川博が製作総指揮に当っている。撮影、音楽はそれぞれ「慟哭」の藤井静、早坂文雄。出演者は佐分利信、主役瓢吉に新人の舟橋元が抜擢されている他、「慟哭」の北林谷栄、「彼を殺すな」の高峰三枝子、「結婚案内」の島崎雪子、「清水の次郎長伝」の月形龍之介、「暗黒街の鬼」の片岡千恵蔵など。

スタッフ

製作
大川博
原作
尾崎士郎
脚色
八木保太郎棚田吾郎
監督
佐分利信
撮影
藤井静
美術
松山崇
音楽
早坂文雄
照明
銀屋謙蔵
録音
森武

ストーリー

父瓢太郎の死に遭って帰省した三州吉良の豪家の一人息子青成瓢吉は、幼い頃彼の初恋の人、今は新橋の名妓光龍であるおりんの帰村騒ぎをよそに、家財の整理をすまし、母おみねを父の親友こんにゃく和尚に預けて、再び出京した。故人瓢太郎の風格を慕う侠客吉良常も又、瓢吉の後を追って上京したが、都の酒は彼に苦く、やがて東京--上海を股にかける漂泊の人となった。一方早稲田大学に籍をおく瓢吉は、総長夫人像の建設反対運動を媒ちとして夏村、吹岡等数人の心友を得たが、運動の敗退、料亭の女お袖をめぐる三角関係などが重なるにつれ、やがて彼らはそれぞれの道へと別れてゆくのだった。瓢吉と吹岡は文学に志した。一夏、創作の場所を求めて彼らは房州の漁村に移り住んだが、しばしば瓢吉の作品の甘さを指摘する吹岡が、お袖との三角関係を素材に、瓢吉を中傷するていの作品を書いて、彼を憤激させた。詰られて泣きながら自信のない我が身を告白する吹岡。--憂悶と異様な悲しみにひしがれ、浜辺にさまよい出た瓢吉は、とある砂丘に初恋の人おりんの姿を見出した。今は代議士夫人となった彼女との束の間の語らいで、瓢吉は心も洗われ、しみじみ青い海に目を放つのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。