日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

びっくり三銃士
ビックリサンジュウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年10月30日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

製作は「柳生の兄弟」の市川哲夫、「歌くらべ荒神山」と同じくあをいき・くらぶ同人の原案で、「武蔵と小次郎」の鈴木兵吾、「悲しき小鳩」の伏見滉、「娘はかく抗議する」の沢村勉の三人が共同で脚本を書き、「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の斎藤寅次郎が監督し、「父帰る」の服部幹夫が撮影している。出演者の主なものは、「緑の風」の大木実と千秋みつる、「未完成結婚曲」の境駿二、「歌くらべ荒神山」の田端義夫、「腰抜け巌流島」の大泉滉と伴淳三郎、清川虹子などである。

スタッフ

製作
市川哲夫
原案
あをいき・くらぶ
脚本
伏見晁鈴木兵吾沢村勉
監督
斎藤寅次郎
撮影
服部幹夫
美術
川村芳久
音楽
加藤光男
照明
蒲原正次郎
録音
奥村泰三

ストーリー

圭子は可憐な港の花売娘で、盲目の母しげと二人で暮らしていた。唯一の望みは、満州から引揚げの途中行方不明になった兄浩が無事でいてくれることだったが、最近消息がわかり、貨物船の船員になって、この港へ帰ってくるという便りに、近所のたばこやの亀吉親娘をはじめ、カンカン蟲の三平までがわが事のようによろこんでくれた。船は入港したが、密輸に加担しなかった浩は上陸出来なかった。同じ船のハチ公は上陸したが友達の三平とブラック・ローズというバアへ飲みに行って有金をポーカーですっかりまきあげられた。バアのマダム龍子の息子京吉は大変なイカレポンチであるが、圭子を熱愛していた。息子可愛さに龍子はバアの支配人黒川を使って金づくで圭子を京吉のものにしてやろうとした。浩は母や妹に会いたい一心で船を脱走しようとして岸本一味に見つかり海に転落して死んだ。ブラック・ローズの用心棒良太はこれを目撃したが、黒川の命令で圭子を迎えに行って何もしらない近所の連中から浩と間違えられ大歓迎を受けた。圭子は盲目の母をよろこばせたいばかりに、良太に頼んで一夜浩の身代わりになってもらった。やがて、京吉の毒手をのがれるため圭子たちの借金五万円の金策に三平やハチ公がやっきとなっているとき良太は半年無給の船乗りを志願してその前借金五万円を圭子に贈った。しかし良太がいよいよ乗船の日、圭子が良太を想っていると知ったハチ公と三平は彼の身代わりになって船に乗って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。