日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母なれば女なれば
ハハナレバオンナナレバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月17日 
製作会社
キヌタ・プロ 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

製作は寺田昌業と柏倉昌美の共同で、徳永直のオリジナル・ストーリーから「赤道祭」の棚田吾郎が脚色し、「女の一生(1949)」の亀井文夫が監督、「殺人者の顔」の瀬川順一が撮影に当っている。主演は「薩摩飛脚(1951)」の山田五十鈴に、「わが一高時代の犯罪」の岸旗江に、神田隆、三島雅夫、加藤嘉、沼崎勳などである。

スタッフ

製作
寺田昌業柏倉昌美
原作
徳永直
脚本
棚田吾郎
監督
亀井文夫
撮影
瀬川順一
美術
平川透徹
音楽
飯田信夫

ストーリー

空襲で当時十歳の長男新吉を見失った戦災未亡人安川春枝は、二人の幼児をかかえて必死に働いた。母子の住むアパートの隣室には中学教師高瀬健次が妹幸子と住んでいたが、春枝たちの面倒をよく見てくれた。健次は八年間の出征中、妻が外に愛人を作って去ったという身の上。春枝に好意を持って求婚するが、子供たちの事を考えると春枝は軽々しく返事は出来ないのだった。母と生き別れた新吉は収容されていた少年院を脱走して、盗みをしてつかまり、このことから春枝と再会することが出来た。しかし母の許へ帰っても新吉の心は仲々に解けず、母と親しい健次へねたみの眼を向けるのであった。健次と春枝の仲はついに健次の学校へまでひろがり、そこに学んでいた新吉はそれをきいて再び家を出て行った。翌朝ぼんやり帰って来た新吉を見て春枝は新吉のため健次の求婚をことわろうと決意するが、学校の校長やPTA委員が訪ねて来て健次に就職を強要するのをきいた春枝はたまりかねてとび出して行き、子を持つ未亡人が恋愛をしては何故いけないのかといいきる。そして、強く生きることを決意して再び家をとび出した新吉のあとを健次と二人で追って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。