日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 江戸城罷り通る
ハタモトタイクツオトコエドジョウマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月14日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
The Inposter  
上映時間
94分  

製作は「薩摩飛脚(1951)」の杉山茂樹に高木孝一が協力し、佐々木味津三の原作から「母恋草」の鈴木兵吾が永江勇と共同で脚本を書き、「鞍馬の火祭」の大曾根辰夫が監督に当たり、「わが恋は花の如く」竹野治夫が撮影をしている。出演者の主なものは、「大江戸五人男」の市川右太衛門、「薩摩飛脚(1951)」の宮城千賀子、「吃七捕物帖 一番手柄」の岸恵子のほかに、市川小太夫、井川邦子、高田浩吉、柳永二郎などである。

スタッフ

製作
杉山茂樹高木孝一
原作
佐々木味津三
脚本
鈴木兵吾永江勇
監督
大曾根辰夫
撮影
竹野治夫
美術
桑野春英
音楽
鈴木静一

ストーリー

元禄の頃、老中松平左近将監の甥で早乙女主水之助という男がいた。人呼んで旗本退屈男。無聊をかこっていた矢先、時の将軍の御落胤と称する徳川浄海坊が華々しく江戸へ乗込んで来た。主水之助は左近将監の命を受けてその身辺を洗うことになり、小姓京彌を女装させて浄海坊の鉄砲州御殿に潜入させた。ある日、主水之助は吉原の雑踏の中で宮本小次郎、七重の若い男女を救ったが、彼こそ真実の御落胤で証拠のお墨附と短刀を持っていて、浄海坊の軍師北村内膳正から狙われていることを知った。京彌からは浄海坊のもとへ空っ風の権次という男がゆすりに来ていると知らされ、主水之助は権次を捕らえて浄海坊の大芝居の生証人をつかんだのだった。そして左近将監は浄海坊を山村座へ招待した。山村座の客席に今日を晴れと居流れた浄海坊は、芝居の幕が開かれ、劇が進むに従って次第に顔面蒼白となった。そこに展開された小坊主の老婆殺しの芝居こそ、浄海坊の犯した悪事そのままであったからだった。席に居たたまれぬようになった浄海坊を見はかって、舞台の袖から主水之助をはじめ証人の権次、京彌などが打って出て、浄海坊は召捕られた。主水之助の妹菊路は京彌の無事をよろこび、将監の妹萩乃は主水之助の手柄をよろこんだが、彼は事件落着後は相変わらず退屈そうにあくびをかみころして旅へ出るかなどといっていたが、宮本小次郎をひそかに将軍に会わせてやったことがせめての満足のようであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。