日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

午前零時
ゴゼンレイジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年02月12日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「七色の街」の本木莊二郎の製作で、井上友一郎の原作から「丹下左膳(1952)」の菊島隆三が脚本を書いている。監督と撮影は「花吹雪男祭り」の渡辺邦男と渡辺孝のコンビ。出演者は「港へ来た男」の久慈あさみ、三条利喜江、小林桂樹、「風雲千両船」の二本柳寛、「ハワイの夜」の藤田進、「吹けよ春風」の越路吹雪など。

スタッフ

製作
本木莊二郎
原作
井上友一郎
脚本
菊島隆三
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
美術
北川恵笥
音楽
仁木他喜雄
録音
宮崎正信
照明
横井総一
特別出演
越路吹雪

ストーリー

新劇女優内海映子は棋界の玉木名人の息子辰也と恋仲だったが、辰也の気の弱さを見せつけられたとき、彼への信頼感を失ってしまった。その虚へつけ入った劇団のドン・ファン物部修が、彼女を映画界へ紹介すると共にその心までつかんだ。物部には江草夏美という女があったが映子と婚約し、撮影のため入洛して同じ宿に泊っていた。映子の父、漫才師の浪花家文福にたのまれ映子の意見にやって来た義理の叔父で関西棋界の雄竹田弁吉も、物部の魅力にひきずられている映子には歯がたたず淋しく帰って行った。文福の女で飲み屋のマダム初枝はふと辰也と知り合い、彼の映子への純情を知って映子に逢いに行くが、映子は留守で、そこに居合せた物部と浮気沙汰の関係を結んでしまう。しかしこの初枝が物部と映子の結婚式には妊娠四ケ月の夏美をつれて式場に現われ、二人の結婚をぶちこわしてしまう。玉木名人と弁吉との対局があったとき、結婚式場から行方不明になっていた映子がふらりと弁吉の控室に現われ、映子をさがしあぐねて帰って来た辰也と出会う。弁吉の一言で二人は幸福への再出発を誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。