日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

次郎長三国志 第二部 次郎長初旅
ジロチョウサンゴクシダイニブジロウチョウハツタビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年01月09日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

オール読物連載の村上元三原作「次郎長三国志」のうち、「次郎長売出す」に続くもの。製作、脚本、監督、撮影その他の製作スタッフ及び出演者の主なものは森の石松の森繁久彌を加えたほかほとんど前作「次郎長売出す」に同じ。

スタッフ

製作
本木莊二郎
原作
村上元三
脚本
松浦健郎村上元三
監督
マキノ雅弘
撮影
山田一夫
美術
中古智
音楽
鈴木静一
録音
西川善男
照明
西川鶴三

ストーリー

庵原川の喧嘩のあと仕末のため次郎長はお蝶と二世のちぎりの盃をしたその足で、鬼吉、綱五郎の二人をつれて旅へ出た。途中、赤鬼の金平の仔分相手に果し合いの少年増川の仙右衛門のため口を利いてやったが、久しぶりの次郎長を歓待するため女房の着物を質に入れた沼津の佐太郎に同情した仙右衛門は、佐太郎をそそのかして次郎長たちの着物を質に入れ、賭場へ草鞋銭を稼ぎに出かけ、かえって自分たちまで裸になってかえって来た。一行裸道中で、仙右衛門の恋人おきねの父を訪ねて二人の仲をまとめてやり、ここでやっと古着を都合して金平の許へ乗込んだ。金平は次郎長の言葉をきかず新川の川原での果し合いになり、奮戦の結果次郎長たちは金平一家を押しまくった。一行のあとを追って来た法印の大五郎に仙右衛門を加えて街道の茶店へはいり、そこで独り酒を呑んでいる吃音の男を鬼吉と法印が笑ったことからこの男と喧嘩になった。吃音のくせにこの男、喧嘩となると滅法歯ぎれのよいタンカを切るのに惚れ込んで次郎長が仲へはいった。吃音の男は森の石松と名乗った。石松に別れた一行は更に気の向く旅を続けるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。