日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

びっくり六兵衛
ビックリロクベエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年01月03日 
製作会社
東宝東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
39分  

東京映画目黒スタジオが「春の囁き」に次いで発表する作品で、製作は前作と同じく加藤譲。原作・脚本は目黒専吉で、往年「まぼろし城」「天兵童子」などの作品を発表した組田彰造が監督復帰第一回作品。撮影は「決闘の河」の栗林実。出演者は「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の伴淳三郎、「芸者ワルツ」の旭輝子の主演で、エノケン一座の中村是好や、その他立花満枝、津山路子、小笠原章二郎などが助演している。

スタッフ

製作
加藤譲
原作
目黒専吉
脚本
目黒専吉組田彰造
監督
組田彰造
撮影
栗林実
美術
大谷主水
音楽
三宅幹夫
録音
西尾昇
照明
岸田九一郎

ストーリー

美人を女房に持った桶屋六兵衛は、女房の浮気封じに「見透しだぞ!」と言うことを隠居から教えられたが、女房が信用しないので隠居とはかってインチキ「見透し術」を実演した。このことが評判になり殿様の耳にもはいり、奥方のなくなった鏡の在りかを見透すために城へ呼ばれる。三日の猶予をもらったが六兵衛に見透せる筈はなく、城を逃げ出そうとするが失敗する。鏡をかくした腰元千草が、その兄で医者の玄沢と六兵衛毒殺の相談をしているとき、傍で眠っていた六兵衛は女房が魚屋の太助と抱き合っている夢を見て思わず「見透しだぞ!」と叫んだ。驚いたのは千草で、この一言ですっかり六兵衛に罪状を白状してしまった。面目をほどこして城をさがつた六兵衛は心配していた女房と、世帯道具をまとめて他国へと旅立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。