日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女といふ城 夕子の巻
オンナトイウシロユウコノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年01月22日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

製作スタッフ及び配役は前篇と変りない。

スタッフ

製作
篠勝三
原作
小島政二郎
脚本
館岡謙之助
監督
阿部豊
撮影
横山実
美術
加藤雅俊
音楽
斎藤一郎
照明
河野愛三
録音
村山絢二

ストーリー

大利根の策謀で睡眠薬をのまされ危くその毒牙にかかろうとした夕子も折からの近火で救われる。十蔵に千三百万円の金を奪いかえされた大利根と赤堀は、十蔵を倒すには沖炭鉱を手に入れるに限ると考え、ひそかに九州へ潜行した。マリはその間に赤堀から強いられた八百長オートレースを裏切った弟京介とその恋人信子を自分のところにかくまってやりながら、千九たちと銀座に一品食堂を開いたが、赤堀の子分たちにあばれ込まれ店を滅茶々々にこわされた。けれどマリはそれに負けずに店を再開するはこびをつけた。この店もまた彼等のために危うく見えたが、こんどは警察との連絡がうまくついて彼等は一網打尽になった。九州の沖炭鉱では落盤騒ぎが持ち上り、十蔵が山へ急行する。救い出された五人のうち四名は死んでいたが、一人残ったのが夕子の父多賀吉だった。大利根たちは土地の赤新聞を買収して十蔵をたたかせると同時に、二回目の落盤を企み、この二回の被害に十蔵が高利貸から借りた金の肩代りをして、その代価に十蔵の炭鉱を横領しようとしたが、多賀吉の証言によって大利根たちの悪事が明るみに出された。十蔵の窮境を心配して東京から出向いて来たマリは、そこに父多賀吉の負傷を案じて来ていた夕子の姿を見、その彼女と十蔵との間に芽生えかけた愛情を結んでやった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。