日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

浅間の鴉
アサマノカラス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年02月12日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の高桑義生の製作。長谷川伸の原作から「修羅城秘聞 双龍の巻」の脚本につづいて衣笠貞之助がシナリオを書き、「神州天馬侠(1952)」の田坂勝彦が監督し「銭形平次捕物控 からくり屋敷」と同じく杉山公平が撮影を担当している。キャストは、「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の長谷川一夫、黒川弥太郎などに、「風雲千両船」の山根寿子が加わっている。

スタッフ

企画
高桑義生
原作
長谷川伸
脚本
衣笠貞之助
監督
田坂勝彦
撮影
杉山公平
美術
上里義三
音楽
渡辺浦人
照明
加藤庄之丞
録音
大谷巖

ストーリー

信州沓掛の時次郎は、一宿一飯の恩義から六ッ田の三造を斬ってしまった。しかもその三造からその女房おきぬと子供太郎吉の行末を托された。つくづくやくざ稼業が嫌になった彼は、おきぬの三味線で信州追分の門附をしながら中仙道熊谷宿までたどりついた。この時おきぬは死んだ三造の子供を身ごもって臨月になっていたので働くことも出来ず年の瀬を迎えた。そのため生活にも困り、生れて来る子供の用意も、と心あせった時次郎は、二度と足を踏み込むまいと決心していた土地の親分同志の喧嘩に助っ人に雇われて行った。昼夜十二刻で一両の日当を稼ぐため時次郎が生命を刃の下にさらしているとき、おきぬは難産のため時次郎の帰りを待ち兼ねて死んで行った。太郎吉の手を引いて再び旅に出た時次郎は、初めて太郎吉に「父つあん」と呼ばれなから、この子だけは堅気に育てようと深く決心をするのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。