日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ひまわり娘
ヒマワリムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年03月26日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Love in a Tea Cup  
上映時間
87分  

有馬稲子の東宝入社第一回作品で、原作は源氏鶏太の『婦人生活』連載小説。これを「リンゴ園の少女」の長谷川公之が脚色し、「丘は花ざかり(1952)」の千葉泰樹が監督に当った。撮影は「次郎長売出す」の山田一夫、音楽は「やっさもっさ」の黛敏郎。前記有馬稲子をめぐって「吹けよ春風」の三船敏郎、「一等社員」の伊豆肇、「慟哭」の阿部寿美子、「親分の青春」の木匠マユリ、「四十八人目の男」の沢村契恵子、「夫婦」の井上大助、他に清水将夫、村瀬幸子、荒木道子、三津田健、杉村春子など新劇人が助演している。

スタッフ

製作
藤本真澄
原作
源氏鶏太
脚色
長谷川公之
監督
千葉泰樹
撮影
山田一夫
音楽
黛敏郎
美術
河東安英
録音
小沼渡
照明
大沼正喜

ストーリー

東京化学の女事務員藤野節子さんは、若いくせにお茶がすきな同僚の日立一平君、人呼んで弁慶さんと仲よかった。男女同権をたてにとった女事務員仲間のお茶くみストが始まっても、彼女は変りなく、弁慶さんにお茶をくんであげる。これが仲間のカンにさわり、リーダー格の石井英子さんからビンタをもらう仕儀となった。しかしその現場を目にした勤続十五年の大姐御山野さんが翌朝からお茶をついで廻るに及んで、スト仲間は大動揺、やがて男性社員の態度を改めるということで、ストは円満解決した。経営見習いのため入社している田込産業の跡取り息子良助君は、ひまわりのような、晴朗で美しい節子さんに惹かれる。学校友達の弁慶さんをダシに誕生日のダンスパーティやらホテルの夕食やらに誘うが、節子さんはやはり庶民的で頼もしい弁慶さんがすきである。そのホテルで偶然目にふれた同僚井田幹子さんの自堕落ぶりを、節子さんは誰にも話さなかったが、赤新聞の暴露記事が問題化するや、幹子さんは逆に節子さんを中傷する。しかし、幹子さんの行状を知る人の話で、疑惑ははれた。良助君の求婚をことわり、彼女は大すきな弁慶さんの許へお嫁入りすることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。