日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

村八分
ムラハチブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年03月08日 
製作会社
近代映協現代プロ 
配給会社
北星 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

昨年全国的な話題となつた静岡県下上野村村八分事件を取あげたもので「原爆の子」を製作した近代映画協会に現代ぷろだくしよんが協力している。製作は、「原爆の子」の山田典吾に絲屋寿雄の共同。脚本は「千羽鶴(1953)」の新藤兼人、監督は「原爆の子」の第一助手新人の今泉善珠。撮影は「暴力」の宮島義勇が担当。吉村公三郎が演出補導に当る。配役は、「女といふ城 夕子の巻」の乙羽信子、「リンゴ園の少女」の山村聡、「夫婦」の藤原釜足、「千羽鶴(1953)」の菅井一郎、殿山泰司に新人の中原早苗。

スタッフ

製作
山田典吾絲屋寿雄
脚本
新藤兼人
監督
今泉善珠
撮影
宮島義勇
音楽
伊福部昭
美術
小島基司
録音
安恵重遠
照明
吉田章

ストーリー

静岡県選出参院補欠選挙の発表の日、朝陽新聞静岡支局へ富士山麓の野田村の一少女から、同村で行われた替玉投票の事実を訴えた投書が舞い込んだ。支局長は吉原通信部の本多記者に、早速この事実の調査を命じた。本多は野田村在の吉川一郎の娘、富士原高校に在学する満江がこの投書の主であることを確めたが、これを知った同村ボス山野の手配で厳しく口どめをされた村民たちからは何一つ手がかりを得ることが出来なかった。しかし、根気よくこの村へ通っている間に、本多は一老人の口から竹山集落の違反の端緒をつかみ、村役場で確証を握った上、このことを記事にして支局へ送った。これが朝陽新聞に報道され、司法局がこのため活動を開始したと知って村民は色を失い、その反動が、投書の主満江一家の上にふりそそがれた。学校の校長までが、満江の行動を遠まわしにいましめたり、村人からは村八分の扱いをうけた。女教師香山と、本多記者は満江をなぐさめはげましてくれ、本多記者が一家迫害の事実を再び記事にして発表したことから新聞、ラジオ、雑誌記者が村に殺到して更に騒ぎは大きくなった。しかし満江たちへの村人の反感はそれで一そう激しくなった。が、一方、純真な学校の生徒たちは生徒大会で満江を支持する者も多く、自分の非を悟った佐野村長は村の汚名を返上しようと立ち上ったが、因習的な政治力をバックにする村のボス達の策動で罷免された。満江一家は耕作期をひかえて手も足も出ない。そんな一日満江を支持する生徒たちの一団が畠の手伝いに自転車をつらねてやって来た。そのなかには香山先生の顔もあった。満江の父も、はじめて生気をとりもどし、畑へとび出して行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。