日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

縮図
シュクズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月08日 
製作会社
近代映画協会新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Geisha  
上映時間
133分  

「村八分」に次ぐ近代映画協会の作品。「暴力」の監督吉村公三郎が製作を担当、「村八分」の絲屋寿雄と山田典吾及び能登節雄等がこれに協力している。原作は徳田秋声の著名小説、「原爆の子」の新藤兼人が脚色・監督にあたった。撮影は「原爆の子」の伊藤武夫、音楽は「村八分」の伊福部昭。出演者も「村八分」のメンバーが多数で、乙羽信子、山村聡、日高澄子、菅井一郎、英百合子などに、「嫁ぐ今宵に」の山内明、細川ちか子、「加賀騒動」の山田五十鈴、「女ひとり大地を行く」の宇野重吉と北林谷栄などが加わっている。

スタッフ

製作
吉村公三郎
共同製作
絲屋寿雄山田典吾能登節雄
原作
徳田秋声
脚本
新藤兼人
監督
新藤兼人
撮影
伊藤武夫
音楽
伊福部昭
美術
丸茂孝
照明
田畑正一
録音
長岡憲治

ストーリー

銀子は東京の下町に住む貧しい靴直しの娘に生まれた。父銀蔵はお人好しだが、甲斐性なしで暮しも立たず、銀子は年端もいかぬのに千葉の芸者置屋に売られて行った。辛い仕込の期間が終り、やがて彼女は「牡丹」という名で座敷へ出された。女癖の悪い置屋の親爺磯貝に目をつけられ、追いまわされるが、銀子には千葉医大の医師栗栖という意中の人が出来た。磯貝は恐い女房に死なれてからは銀子に対する態度が一層露骨になり、連日の如くに責め折檻をした。これを救いに来たのは父の銀蔵だった。栗栖のことも忘れて東京へ戻って来たものの、家は貧しく、更に父が病気に倒れ、銀子は今度は東北の或る町へ再び身売りした。この町で銀子の世話をしてくれた旦那倉持とは、次第に情愛が増し、本気で二人の間には結婚話も出たが、家名を重んじる倉持の母の反対で実行出来ず、倉持も銀子に無断で某家の令嬢と結婚してしまった。傷心の銀子は再び東京へ帰り、芳町の「春芳」から三度目の勤めに出た。ここでは姉芸者染福のねらっていた株屋の若林から世話を受けることになったため、銀子は事毎に苛められ、熱のある躰で無理を押したためもあって、悪性の肺炎に倒れた。ようやく死線をこえはしたが、日頃から虚弱だった妹が代りに死んでしまった。一旦証文を破ってくれた筈の「春芳」の女将の強引な泣き落しで、銀子は又しても苦しい勤めに出て行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。