日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

絵本猿飛佐助
エホンサルトビサスケ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年02月19日 
製作会社
太千興業プロ新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

日本経済新聞連載の林芙美子の絶筆を「親馬鹿花合戦」の井手雅人が脚色し「腰抜け巌流島」の森一生が監督にあたった。撮影は「恋の捕縄」の藤洋三。「ハワイの夜」の水島道太郎、「人生劇場 第一部」の徳大寺伸、「ひめゆりの塔(1953)」の利根はる恵、「朝焼け富士 (前篇)」「朝焼け富士 (後篇)」の喜多川千鶴などが出演。

スタッフ

製作
高田四一
原作
林芙美子
脚本
井手雅人
監督
森一生
撮影
藤洋三
音楽
中原務
美術
伊佐信三
録音
石原貞光
照明
山根秀一

ストーリー

戦乱で両親を失い、信州の山中で戸沢白雲斎に育てられた猿飛佐助は、やがて師をも凌ぐ甲賀流忍術の達人になる。偶然、上田の城主真田昌幸の次男幸村の危難をすくったことから、彼は師の許しを得て真田家に仕官した。折しも真田家は海野城の平賀源心、小県の室賀信俊、という腹背の脅威をのぞくべく、種々画策中である。まず室賀攻めに繰りだした真田勢は、重臣伊勢崎父子が海野城に内通、いちはやく事を報じたことを知って反転、海野城下に迫った。伊勢崎の内通を探知し、その密使をとらえたのは佐助であるが、捕虜は福島流の女忍者ぎんが殺してしまった。彼女は佐助を恋している。が、彼の意中の人は伊勢崎の娘うめであった。と知ると、ぎんは逆上し、佐助が生捕りにした伊勢崎を吹矢で惨殺する。当然、人質のうめは自害した。左助は、しかも海野攻めの乱軍の中で、狂気のように追ってくるぎんを、止むなく斬らねばならなかった。-海野城は陥ちたが、佐助は憂欝であった。一日、彼は千曲川の畔、真新しいうめの墓前にうずくまって、ながく動かなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。