日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

抱擁(1953)
ホウヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年03月11日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

製作は「吹けよ春風」の田中友幸、八住利雄の原案によって、「激流(1952)」の西亀元貞に梅田晴夫が協力して脚本を書いている。監督は「次郎長初旅」のマキノ雅弘。撮影の飯村正及び配役中の三船敏郎、小泉博は「吹けよ春風」、山口淑子は「風雲千両船」に次ぐ作品である。

スタッフ

製作
田中友幸
原案
八住利雄
脚本
西亀元貞梅田晴夫
監督
マキノ雅弘
撮影
飯村正
美術
小川一男
音楽
芥川也寸志
録音
保坂有明
照明
西川鶴三

ストーリー

雪に閉された山奥の山小屋で、素朴な営林技師の伸吉と、吹雪の中に行き倒れた旅の女の娘雪子との清純な恋がはぐくまれた。若い二人が結婚によって結ばれようと決心したとき、伸吉は雪子へのプレゼントに谷間へ黒百合を摘みにおりて雪崩に逢い死んでしまった。傷心を抱いて東京へ出た雪子は「山小屋」という酒場で働いた。ここの常連の若く貧しい芸術家たちにいつしか彼女をとり巻くグループが出来、その一人の詩人クロちゃんは雪子に失恋して自殺した。雪子が東京へ出て二年目のクリスマス・イブに、彼女は或るナイト・クラブの歌手になっていたが、そこへ仲間の追跡をのがれて逃げ込んで来たギャングの早川が、死んだ伸吉に生き写しなのに、雪子は激しい胸のときめきを感じた。彼女の機転でその場をのがれた早川も、仲間に追いつめられて遂にその一人を射殺してしまった。雪子はその早川と一日でも一緒にいたいと願って、二人は雪の山小屋へ逃れた。雪子のひたむきな愛情にこたえて早川も固く彼女を抱きしめた。こうした二人の幸福も長くはつづかなかった。追手の警官隊をのがれた二人は大雪の谷底へまでにげのびたが、遂に大雪崩の下敷となって果てた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。