日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女間者秘聞 赤穗浪士
オンナカンジャヒブンアコウロウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
130分  

企画は「人生劇場 第二部」のマキノ光雄と坪井与に、玉木潤一郎が協力している。原作は山上伊太郎と住吉山声、脚本は「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の八尋不二、監督は「旗本退屈男 八百八丁罷り通る」の佐々木康、撮影は「加賀騒動」の三木滋人という顔ぶれ。出演者の主なものは「人生劇場 第二部」の片岡千恵蔵、月形龍之介、徳大寺伸、「加賀騒動」の三島雅夫、薄田研二、山田五十鈴、「旗本退屈男 八百八丁罷り通る」の嵯峨美智子、「母子鳩」の原保美、それに久しぶりの早川雪洲などである。

ストーリー

大石内蔵助は内匠頭の弟大学の浅野家再興の許しを唯一の心頼みに、京都一力で遊興にことよせ世間のきびしい眼をくらましていた。が、それが徒労に終ったと知ったとき、討入の決意をかためた。その同志の一人、片岡源五衛門の娘千世は、あやと変名して吉良上野介の屋敷に女間者として住み込んだ。間十次郎の面影を胸に抱く千世の身辺に、上野介の貧らんな眼がつさまとうのだった。内蔵助は妻りくを離婚し、幼い子供たちと一緒に里に帰し、江戸へ出府の準備をととのえ、元禄十五年十月七日山科の閑居を出た。九条家御用人立花左近の名を騙つて旅を続けた一行は箱根路で真ものの立花左近に出会い進退きわまるが、事情を察した左近が自ら偽者と名乗ってくれたため窮地を脱して無事江戸へ到着した。目前に大事決行をひかえ、吉良家の見取図を手に入れようとして必死の千世は、彼女に恋慕する多仲に間者と見破られ上野介の前に引据えられた。ちょうど十四日の朝のことであった。この日大石は瑶泉院を訪ね、それとなく訣別を告げた。そして雪のはげしく降りしきるその夜赤穂浪士四十七人は勢揃いして吉良の屋敷に討入った。千世はすでに上野介の好色の犠牲に供せられたが、討入と聞き廊下へまろび出た。そしてそこに待つ清水一角の刃にたおれながら、恋人間十次郎に上野介のかくれた炭小屋を指差して息をひきとった。本懐をとげた四十七人の人々は雪解けの朝の道を粛然と去って行き、千世は荒された吉良の屋敷にその美しい屍を横たえていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。