日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アチャコ青春手帳第三話 まごころ先生の巻
アチャコセイシュンテチョウダイサンワマゴコロセンセイノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年03月12日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

製作と脚本は「珍説忠臣蔵」の杉原貞雄と八住利雄、「ハワイの夜」の松林宗恵と三村明とがそれぞれ監督と撮影を受持っている。原作は長沖一のNHK放送劇「アチャコ青春手帖」である。出演者は「総理大臣の恋文」の花菱アチャコ・堺駿二・伴淳三郎、「煙突の見える場所」の田中春男と関千恵子、「親馬鹿花合戦」の左幸子・田崎潤・清川虹子、「妖精は花の匂いがする」の浪花千栄子などで、江利チエミ、ペギー葉山、トニー・谷、渡辺弘とスターダスターズなどが特別出演する。

スタッフ

製作
杉原貞雄
原作
長沖一
脚本
八住利雄
監督
松林宗恵
撮影
三村明
美術
加藤雅俊
音楽
渡辺弘
録音
矢野口文雄
照明
藤林甲

ストーリー

アチャコ先生は或る寒村の分教場の先生であった。校長と受持の先生と小使まで一人で兼用していたが生徒たちに親しまれ平和な毎日だった。そこへ突如東京の大富豪朝倉大伍が乗り込んで来て、土地の有力者鹿沼と結託し、分教場も含めた地所に大観光ホテルを建てることになった。アチャコ先生は生徒の為分教場立退に反対したが、信子という美しい女の先生が赴任して来て首になった。信子は朝倉の娘だった。東京の母の許へ出たアチャコ先生は、職を求めて歩くうち偶然なことから信子の妹陽子と知り合いその家の「若様」の家庭教師の職を得た。ところが若様とは飼犬の名前だった。アチャコ先生は母が息子の嫁にときめた花江の兄進の紹介で楽団スターダスターズの一員になり放送にまで出演するが、当夜大失敗してこれも首になった。山の学校が愈々あぶないと知って、彼の許へ身を寄せていた太郎をつれて山へ帰り、学校のため奮闘した結果、アチャコ先生の誠意は朝倉方に通じ、分教場は別な場所に新築された。彼は改めてその先生に招へいされるが、愛する信子先生にはすでに花江の兄の進が許婚であると知って、アチャコ先生は太郎の手をひき、再び母と花江の待つている東京へと山を去った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。