日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怒れ三平
オコレサンペイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

企画は「現代処女」に次ぐ米田治。毎日新聞に連載された今日出海の原作から松崎俊の脚本で「妖精は花の匂いがする」の久松静児が監督に当っている。撮影は「母子船」の山崎安一郎。出演者の主なるものは、「決闘五分前」の菅原謙二、「十代の性典」の若尾文子、「新婚のろけ節」の三条美紀と進藤英太郎、「現代処女」の千田是也などである。

スタッフ

企画
米田治
原作
今日出海
脚色
松崎俊
監督
久松静児
撮影
山崎安一郎
美術
仲美喜雄
照明
柴田恒吉
録音
西井憲一

ストーリー

純真な自然児船乗九谷三平は、船主自在屋源吉に頼まれて命より大事という鞄を東京へ運ぶことになった。その列車で強盗さわぎが起ったが、三平はその腕つぶしを発揮し賊を遁走させた。が、その騒ぎで同じ列車に乗っていた安藤亀三という男に大切な鞄をすりかえられるが、安藤の妾須藤八重子の手びきで熱海の宿でこれをとり戻した。無事東京へ着いた三平を歌川万吉という白河邸に働く青年が出迎えた。使命を果した三平は万吉に連れられその姉千代子のアパートを訪ねた。千代子は三平の人物を見込んで万吉の教育をしてくれと頼んだ。その千代子の幼馴染の恋人が列車強盗の伊勢軍吉で、軍吉は安藤にたのまれて三平の持った鞄をねらったのだった。問題の鞄は白河邸から政治資金に或る政客の許へ運ばれる途中、再び軍吉がこれを襲い、そのさわぎのすきに万吉がこの鞄を奪って千代子のアパートへ逃げ込んで来た。弟の悪事に千代子が心痛するのを見て三平はその鞄を白河邸へ持参し万吉のために詑びてやった。この時鞄争奪の立役者白河、安藤との妥協が成立していた。鞄の中には終戦後のどさくさで不法に入手したダイヤモンドをドルにかえたものがはいっているのだった。八重子からその事情を知った三平ははじめて怒って再び白河邸へおどり込み、白河と安藤とをその腕力で鞄と共に警察へつき出した。千代子は軍吉の出獄を待つという。大阪へ帰る列車には八重子が同乗していた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。