日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の終り
ヨルノオワリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月08日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

製作及び脚本は「午前零時」の本木莊二郎と菊島隆三、「吹けよ春風」の谷口千吉が監督に当り、「次郎長初旅」の山田一夫が撮影している。美術は「夫婦」の松山崇、音楽は「煙突の見える場所」の芥川也寸志。出演者の主なものは、「あゝ青春に涙あり」の池部良、「縮図」の沢村貞子、「江戸ッ子判官」の岡田茉莉子、「ひまわり娘」の清水将夫と村瀬幸子、「総理大臣の恋文」の三益愛子、「抱擁(1953)」の志村喬。

スタッフ

製作
本木莊二郎
脚本
菊島隆三
監督
谷口千吉
撮影
山田一夫
美術
松山崇
音楽
芥川也寸志
録音
西川善男
照明
横井総一

ストーリー

午後十二時、下水工夫の木崎新二は飲み屋「ピエロ」の女給美代と別れを惜しんで仕事のために大都会の地下へもぐって行った。三年前に故郷を出て来たときの大きな夢は最早ないか、美代と一緒になれる日を唯一のたのしみにしていた。午前四時仕事を終って地上へ出て来た彼は、道ばたに酔いつぶれた男の鞄から札束の覗いているのを見て、思わずその男を殺してしまった。午前五時には警察の手配がまわった。午前七時に新二は美代を連れ出しに「ピエロ」へ現われるが、ここも追われ、午前十二時、街の顔役松田に拾われ、競争者の黒田殺害を命じられるが、自己嫌悪にかられて自動車から逃げようとし同乗の松野をピストルで射った。午後再び美代の姿を求めて「ピエロ」に現われ、美代が思わず声をあげて彼の名を呼んだことからまたしても警官に追われた。午後十二時、鳩の街で高熱に倒れそうな彼を親切に介抱した女小夜子も、彼の身の上を知ると嫌悪をこめて彼の金をたたきかえした。午前六時、自殺も出来なかった彼はようやく自首する決心をした。夜明けの日光がはじめて彼の顔を明るく照した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。