日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嫁の立場
ヨメノタチバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月15日 
製作会社
松竹大船中篇) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

製作は「次男坊」の小倉武志で、脚本の椎名利夫、音楽の木下忠司は同じスタッフ、原作は宇野信夫の舞台劇「のれん」である。監督は「伊豆の艶歌師」の西河克己で撮影を高村倉太郎が担当。美術は「関白マダム」の脇田世根一。出演者の主なものは「初恋おぼこ娘」の坂本武、「まごころ」の須賀不二男、「おもかげの歌」の野添ひとみと高松栄子、「花咲く風」の幾野道子などである。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
宇野信夫
脚本
椎名利夫
監督
西河克己
撮影
高村倉太郎
美術
脇田世根一
音楽
木下忠司
録音
高懸義人
照明
市村政次郎

ストーリー

日本橋の老舗「鮒金」という佃煮屋の隠居金蔵は、年を取ってから急に池の端の汁粉屋の女主人おみつに熱をあげ出し、店の金をこっそり持出して入れ上げていた。息子金之助とその妻さち子はこれを心配したが、話をきいた金之助の姉でラジオ商相良へ嫁いでいるおくらは自分の家へ預ろうといい出した。相良の二階の、金蔵の隣りの部屋へは、気の強い嫁にいびり出されたおりきという老女が移り住んで、金蔵と親しくなったが、金蔵はある日おくらの眼を盗んでおみつの許へ出かけた。この時おみつに二十万円無心された金蔵は金の工面を嫁のさち子にもちかけた。さち子は内証で自分の持物を売って金を作ってやった。が、結局おみつには大学生の情夫のあることが判り、金も取かえせず大きな失望を味わった。そのあげくやけ酒に酔って大荒れに荒れるが、おりきから優しい嫁があって倖せだといわれ、ほん然と眼が醒めた。静かな隠居生活に入る気になった金蔵に、さち子はおりきを茶飲み友達に迎えてやった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。