日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

姫君と浪人
ヒメギミトロウニン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月01日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「名月赤城山」の三村伸太郎のオリジナル・シナリオによって「権九郎旅日記(1953)」の志村敏夫が監督し、「鞍馬天狗 青銅鬼」の平野好美が撮影にあたった。音楽は「逃亡地帯」の服部正。主演は「決闘五分前」の堀雄二と「韋駄天記者」の香川京子。これに岡譲二、古川緑波、高杉早苗、左幸子などが助演している。

スタッフ

製作
野坂和馬
脚本
三村伸太郎
監督
志村敏夫
撮影
平野好美
音楽
服部正
美術
伊藤寿一
照明
佐藤快哉
録音
鈴木勇

ストーリー

花の向島妙蓮寺境内で浪人藤木三平は相馬十八万石の姫君やす子をみそめ、以来相馬家の邸のぐるりを終日離れない。これをいい笑い草にする浪人仲間や、界隈の駄菓子屋のおかね婆さん、常盤津師匠おこまなどの中でただ一人の彼の同情者は、雁九郎親分の用心棒を相つとめる髯の風間五郎助だった。風間の手引きで臨時用心棒に雇われた三平は、夜店の場所代三両をにぎって逃走する。金は相馬家の渡り徒士に住みこむための周旋料となった。命がけの恋である。愕然とする浪人達。--数ケ月たつ。三平は姫の顔を一目かいまみただけであった。ある日彼の荷物にやす子姫の女扇が発見された。姫の顔をもう一度目にしたいばかりに、彼は扇を手づからの頂戴物と偽わり、姫との対決の機会を得る。お手討は覚悟の上であった。--その純真な情熱に、姫ははげしく心をうごかされる。その夜、邸から二人の姿は消えていた。他家への輿入れを間近にひかえ、相馬家は大さわぎ。目付役から家老まで浪人長屋に乗りこみ、五十両、さらに百両と礼金を積んで二人の行方探しを依頼する。三平を哀れとおもいながらも黄金の誘惑にかてず、彼らはおかね婆さんの二階にひそむ町娘姿の姫、三平を相馬家へ引きわたした。お家の名を守るため家老達は姫に自害を迫る。折しも飜然友情にめざめた風間が一座に斬りこみ、姫と三平をすくって自らは供侍の群の白刃にたおれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。