日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女難街道
ジョナンカイドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年04月14日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「鞍馬天狗 疾風雲母坂」の小川正の脚本によって「親馬鹿花合戦」の渡辺邦男、渡辺孝が監督、撮影にあたった。音楽は「喧嘩笠(1953)」の山田栄一。「朝焼け富士 (前篇)」「朝焼け富士 (後篇)」の市川右太衛門、「妻」の高峰三枝子、「怪盗火の玉小僧」の堺駿二、その他加賀邦男、御園裕子、市川春代、原健作などが出演する。

スタッフ

企画
大森康正佐藤宇之助
脚色
小川正
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
角井平吉
照明
田中憲次
録音
加瀬寿士

ストーリー

恋女房お新を殺めた流れ山一味を総撫斬りにして土地を売った渡世人的場の新太郎は、以来窮境にある女を救うことに生甲斐をおぼえている。従うは弟分の三公。--とある港町で海へとびこんだ酒場の女お俊をたすけるが、彼女にからむ土地の顔役秋葉の因縁をおそれ、身許引受人とてないしまつ。止むなく宿屋の一室で介抱をつづけるうち、彼は死んだ女房に生写しのお俊がすきになる。秋葉とのくされ縁を切らせるため秋葉の乾分扇屋の松之助一味と紛糾するうちに、この上新太郎に迷惑をおよぼすのを慮かったお俊は、ひそかにすがたをけす。彼女をたずねあぐみながら旅ゆく新太郎、三公は、途中やはり悪顔役の鐘鬼の仁吉に難くせつけられている娘お菊をすくいだし、これにまつわるごたごたから折角探しあてたお俊ともはなればなれ。お俊は旅宿桔梗屋の女中にすみこむ。しかし桔梗屋の亭主津久土の茂十は松之助の兄弟分といういわれがあって後を追ってきた松之助に加勢する。間一髪お俊はのがれ出たが、津久土の賭場にまぎれ入った新太郎らは彼らの酒攻めにあった。酔いつぶして斬ろうという魂胆である。茂十の女房の登勢の告げ口でそれと知り、見事策略の裏をかいたものの、意外にも松之助にとらえられたお俊の姿を見ては、いささか金縛りの図である。しかし新太郎の素早い刀さばきで松之助はたおれ、救いだされたお俊とともに、新太郎、三公は次の旅路へのぼった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。