日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愚弟賢兄
グテイケンケイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年06月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

製作小倉武志、原作佐々木邦、脚色椎名利夫、監督野村芳太郎、音楽木下忠司は「次男坊」と同様。撮影は「やっさもっさ」の長岡博之である。出演者は「愛欲の裁き」の東山千栄子、三橋達也、月丘夢路、笠智衆、「新東京行進曲」の高橋貞二、淡路恵子、「乙女の診察室」の紙京子など。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
佐々木邦
脚色
椎名利夫
監督
野村芳太郎
撮影
長岡博之
音楽
木下忠司
美術
浜田辰雄
照明
加藤政雄
録音
大村三郎

ストーリー

貢二は鈍才で大学を辛うじて卒業した。賢兄の貢一が助力してくれたので漸く銀行に就職することができた。貢二は姉芳江の夫の妹君子をひそかに思っていた。それを知った兄は早速交渉に行ってくれたが、派手好きの君子にはあっさり断わられた。失望落胆した貢二は出張先の京都で嫂貞子の姪春子に会い、すっかり参ってしまった。ところが銀行の頭取から貢二への縁談がもちこまれ、見合いをしなければならなくなった。気のすすまぬ貢二は仮病を装って見合いに欠席したが、これが曝れて兄はカンカン、誤解した嫂は里に帰るといい出す始末。嵐の中心に立った貢二はついに意を決して岩田頭取を訪れ、一切の事情を打明けた。頭取は彼の真意を認め、後から訪れた兄貢一に「立派な弟さんだ」といったので、兄も弟も見直した。--やがてサンフランシスコ支店詰を命じられ、多数の親類知人に見送られて横浜を立つ貢二の横には新妻春子の姿がみられた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。