日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

景子と雪江
ケイコトユキエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年06月24日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

東京タイムス等に連載された貴司山治の「愛の高原」より「お嬢さん社長と丁稚課長」の萩山輝男が「大学の龍虎」の津路嘉郎と共同してシナリオを書き、監督している。製作は市川哲夫、撮影は竹野治夫。主な出演者は「乙女の診察室」の大木実、北龍二、岸恵子、市川春代、「新東京行進曲」の小林トシ子などである。

スタッフ

製作
市川哲夫
原作
貴司山治
脚色
萩山輝男津路嘉郎
監督
萩山輝男
撮影
竹野治夫
美術
桑野春英
音楽
田代與志
照明
一瀬与一郎
録音
福安雅春

ストーリー

成瀬清は結核の新薬を研究中倒れた親友藤川明夫の遺志を継いで、明夫の父藤川の結核研究所へ入った。研究所で清の助手となった小谷雪江は明夫との間に愛児までももうけた仲だったが、明夫の亡き今明夫の親友の清に、心騒ぐものを覚えるのだった。かねて清に関心を抱く研究員、新興財閥西原の令嬢景子は、父に研究所へ莫大な資金を出させたが、西原は清の研究を独占事業化する目的を持っており、清に感づかれて融資を断られた。こんな事で景子と清は気まずかったが、彼女が結核で母を失った為新薬発見に夢中になっている事がわかり、始めて二人の間に和やかな空気が流れた。しかし景子の実母は清の臨床実験中の精神病患者柳沢秋子であり、秋子の病因が遺伝か結核によるものか、彼女は苦しんだ。一方雪江は総てを藤川博士に打明けようと思いながら、決心がつきかねていたが、これを知った清は藤川博士に告げた。そこへ秋子危篤の報がきた。早速駈けつけた清と景子の手で、二人が研究を重ねた新薬が注射されたが、秋子は景子の名を呼びながら死んだ。しかし秋子は菌が脳を犯しているのであり、景子に悪遺伝がない事がわかった。折から坊やを連れて手伝いにきた雪江を嬉しそうな顔で眺める藤川博士の顔を見た雪江は、潔く清に「景子さんの所へ行って上げて。私はお祖父さんと坊やを育てます」と云った。朝日の輝く高原では、母を呼んで泣きながら歩く景子の後を、清は追った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。