日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あっぱれ五人男
アッパレゴニンオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年05月13日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「アジャパー天国」の八往利雄脚本、斎藤寅次郎監督と例のコムビによる白浪五人男のパロディ。撮影、音楽はそれぞれ「疾風からす隊」の服部幹夫、「女だけの心」の万城目正。「ちゃんばら手帖」の花菱アチャコ、「アジャパー天国」の堺駿二、伴淳三郎、「新東京行進曲」の北上弥太朗、「闘魂」の高千穂ひづる、「女だけの心」の千秋みつるなどが出演。

スタッフ

製作
杉山茂樹
脚本
八住利雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
服部幹夫
音楽
万城目正
美術
川村芳久
照明
寺田重雄
録音
高橋太朗

ストーリー

野洲宇都宮、内藤家の家宝胡蝶の香炉が何ものかに盗まれ、当夜の宿直青木十三郎はその責を負って香炉探索のため江戸へ上る。その江戸では、大名富豪の財宝を盗み貧民にめぐむ侠盗日本駄右衛門の噂が専らである。十三郎は呉服商松前屋の娘お糸に難題をふっかけている小者利平に目をとめる。彼は仲間勤めのむかし十三郎の家の納戸金を盗んで逐電したことがあるのである。横っとびに逃げた利平の住みかは築地あたり、主の浪人木島主人がひらく寺小屋である。そばや長生庵の娘お篠、矢場の女お袖や子供たちが、主人の怪しげな講義を聴いている。お篠の恋人菊太郎は愚連隊仲間の力蔵ともども事あれがしにのし廻り、市村座にかかった「白浪五人男」の弁天小僧、南郷力丸がじぶんらをモデルにしたものと知り、楽屋で一暴れ、幾何かの金をせしめる。嘆きのお篠は二人を主人の寺小屋に通わせ、改心させた。一方、十三郎はお糸といつか恋仲であるが、前非を悔いた利平の助けを得て問題の香炉を探している。が、そのお糸に目をつけた主君下野守が家老岩本と謀り、十三郎に香炉盗人の汚名をきせても彼女を奪おうとする。恋と義理の板挟みにくるしむ十三郎は悩みを主水に打あげた。他方かつて下野守の側女だったお袖も、今は姫君のわが子会いたさに下野藩邸に忍び入り、とらえられて牢に投じられた。意を決した主人は十三郎、利平、力蔵、菊太郎を召集、主人じつは日本駄右衛門の正体をあかす。問題の香炉も彼の盗んだものだったが、彼はこれを発止とくだき、愕く十三郎に権力と金力の汚濁を説いた。翻然侍の世界から足をあらうことを決意した十三郎を加え、名代の五人男の働きでお糸、お袖は救われる。事終ってのち主人は従容縛についたが、あとの四人はそれぞれ堅気の生業についた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。