日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

獅子の座
シシノザ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年06月03日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
124分  

原作は松本たかしの『初神鳴』。「治郎吉格子」の伊藤大輔の大映復帰第一作。伊藤大輔と「愛欲の裁き」の田中澄江の共同脚色で、撮影は「柳生の兄弟」の石本秀雄。「嫁ぐ今宵に」の団伊玖磨が音楽を担当する他、宝生流十七代宗象宝生九郎と宝生英雄が能楽指導にあたる。風俗老証は「新書太闇記」の甲斐荘楠音。「花の講道館」の長谷川一夫、「憲兵」の岸恵子、堀雄二、「新書太閤記 流転日吉丸 流転日吉丸」の田中絹代、新派の大矢市次郎、伊志井寛、俳優座東山千栄子、子役に加藤雅彦(沢村国太郎子息)、若草劇団の水村国臣などが出演する。

スタッフ

企画
亀田耕司
原作
松本たかし
脚色
伊藤大輔田中澄江
監督
伊藤大輔
撮影
石本秀雄
音楽
団伊玖磨
美術
伊藤熹朔
照明
加藤庄之丞
録音
奥村雅弘
能楽指導
宝生九郎宝生英雄
風俗考証
甲斐荘楠音

ストーリー

宝生流十五代の宗家宝生彌五郎に江戸開府以来第六回という勧進能が聴許され、その日は将軍家慶も上覧される予定で、江戸中は前評判で湧いた。演目の「石橋」には太夫の彌五郎と共に長男石之助も親子の連獅子となって舞うのだが、そのため幼い彼への稽古は厳格をきわめた。とりわけ彌五郎の妻久のしつけは、心を鬼にした峻烈なものである。久の実家--江戸きっての呉服商後藤にはもう年頃の末娘染がいるが、最近絵の練習に凝って縁談など耳もかさない。彌五郎の若い内弟子幾太郎は彼女に慕情を抱いているが、「羽衣」の天女を描く彼女の請を拒みきれず、天女の型をしてみせた。これを知った彌五郎は芸道の掟をやぶったものとして容赦なく幾太郎を破門する。当然染は義兄を恨むが、久から彌五郎の深い心やり--芸のきびしさ、芸道の人に連添うことのつらさをはっきり示そうという志を聴き、ようやく納得する。一方、跡取りゆえのきびしいしつけに、石之助の性来繊細な神経はたえかね、発作などおこしがちとなる。お仕置で土蔵に容れられた日など、急に鳴りだした雷のため失神するしまつである。いよいよ興行当日。将軍上覧の時刻が近ずくや空に黒雲がひろがり、雷鳴がおこる。恐怖で逆上した石之助は忽然姿をけしてしまった。「石橋」の出は迫り彌五郎は切腹を覚悟までする。篠つく雷雨。石之助はお堀端に失神しかかっていた。これを発見、楽屋に連戻ったのは幾太郎である。--父ともども雨中の舞台に進み出た石之助は、歯を食いしばって、しかし見事に舞い納め、宝生流十六代として襲名の儀、めでたく将軍家の許可がおりた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。